ニュース

独創的なチェコの映画ポスター82点を紹介、世界各国の名作を豊かな想像力で大胆に異化

チェコで制作された映画ポスターを紹介する展覧会『チェコの映画ポスター テリー・ポスター・コレクションより』が、8月28日から東京・京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターで開催される。

同展では、プラハにある映画ポスター専門ギャラリーのテリー・ポスターが所蔵するポスターの中から、1950年代後半から1980年代までに制作されたチェコスロバキア時代の映画ポスター82点を紹介。「チェコ・ヌーヴェル・ヴァーグ」と称された1960年代のチェコスロバキア映画のほか、ジャン=リュック・ゴダール監督『女は女である』やジェームズ・キャメロン監督『ターミネーター』など、ヨーロッパ各国の作品やアメリカ映画、さらには黒澤明監督『羅生門』や本多猪四郎監督『ゴジラ』などの日本映画のポスターも展示。斬新な解釈と豊かな想像力に満ちたチェコの映画ポスターの大胆さや優美さ、ユーモアを見ることができる展覧会となる。

また、会場ではテリー・ポスターのコレクションを収録した書籍やポストカードセット、映画とグラフィックの専門家による論考を収録したカタログが販売されるほか、会期中にはテリー・ポスター代表のパヴェル・ライチャンによる講演会も予定されている。詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。


CINRA.NETでは、『チェコの映画ポスター テリー・ポスター・コレクションより』の招待券を5組10名様にプレゼントいたします!

コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2013年8月20日)

イベント情報

『チェコの映画ポスター テリー・ポスター・コレクションより』

2013年8月28日(水)~12月1日(日)
会場:東京都 京橋 東京国立近代美術館フィルムセンター 展示室
時間:11:00~18:30(入館は18:00まで)
休館日:月曜、9月16日(月・祝)~9月26日(木)
料金:一般200円 大学生・シニア70円
※高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)、MOMATパスポートをお持ちの方、キャンパスメンバーズは無料

『講演会』
2013年8月31日(土)14:00~
会場:東京都 京橋 東京国立近代美術館フィルムセンター
出演:パヴェル・ライチャン(テリー・ポスター代表)

(画像上から:『やさしい女』(1969年、フランス、ロベール・ブレッソン監督)1970年 82×58 ポスター:オルガ・ポラーチコヴァー=ヴィレチャロヴァー、『女は女である』(1961年、フランス=イタリア、ジャン=リュック・ゴダール監督)1968年 78×58 ポスター:ヨゼフ・ヴィレチャル、『ゴジラ』(1954年、本多猪四郎監督)1956年 84×61 ポスター:フランチシェク・カルダウス、『羅生門』(1950年、黒澤明監督)1970年 82×59 ポスター:ベドジヒ・ドロウヒー)

『やさしい女』(1969年、フランス、ロベール・ブレッソン監督)1970年 82×58 ポスター:オルガ・ポラーチコヴァー=ヴィレチャロヴァー
『やさしい女』(1969年、フランス、ロベール・ブレッソン監督)1970年 82×58 ポスター:オルガ・ポラーチコヴァー=ヴィレチャロヴァー
『女は女である』(1961年、フランス=イタリア、ジャン=リュック・ゴダール監督)1968年 78×58 ポスター:ヨゼフ・ヴィレチャル
『女は女である』(1961年、フランス=イタリア、ジャン=リュック・ゴダール監督)1968年 78×58 ポスター:ヨゼフ・ヴィレチャル
『ゴジラ』(1954年、本多猪四郎監督)1956年 84×61 ポスター:フランチシェク・カルダウス
『ゴジラ』(1954年、本多猪四郎監督)1956年 84×61 ポスター:フランチシェク・カルダウス
『羅生門』(1950年、黒澤明監督)1970年 82×59 ポスター:ベドジヒ・ドロウヒー
『羅生門』(1950年、黒澤明監督)1970年 82×59 ポスター:ベドジヒ・ドロウヒー
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Kitri“細胞のダンス”

ピアノ連弾ユニットKitriによる、大橋トリオプロデュースのメジャーデビューEP『Primo』から“細胞のダンス”のshortMVが公開。暗闇にひっそりと佇むピアノと、それを淡々と演奏する彼女達が作り出す不安定な世界観に徐々に引き込まれていく。跳ねる鍵盤はまさに細胞のダンス。映し出される手元と差し込む光、黒と赤のコントラストが美しい画面から目を離せない。(高橋)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生