ニュース

独創的なチェコの映画ポスター82点を紹介、世界各国の名作を豊かな想像力で大胆に異化

チェコで制作された映画ポスターを紹介する展覧会『チェコの映画ポスター テリー・ポスター・コレクションより』が、8月28日から東京・京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターで開催される。

同展では、プラハにある映画ポスター専門ギャラリーのテリー・ポスターが所蔵するポスターの中から、1950年代後半から1980年代までに制作されたチェコスロバキア時代の映画ポスター82点を紹介。「チェコ・ヌーヴェル・ヴァーグ」と称された1960年代のチェコスロバキア映画のほか、ジャン=リュック・ゴダール監督『女は女である』やジェームズ・キャメロン監督『ターミネーター』など、ヨーロッパ各国の作品やアメリカ映画、さらには黒澤明監督『羅生門』や本多猪四郎監督『ゴジラ』などの日本映画のポスターも展示。斬新な解釈と豊かな想像力に満ちたチェコの映画ポスターの大胆さや優美さ、ユーモアを見ることができる展覧会となる。

また、会場ではテリー・ポスターのコレクションを収録した書籍やポストカードセット、映画とグラフィックの専門家による論考を収録したカタログが販売されるほか、会期中にはテリー・ポスター代表のパヴェル・ライチャンによる講演会も予定されている。詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。


CINRA.NETでは、『チェコの映画ポスター テリー・ポスター・コレクションより』の招待券を5組10名様にプレゼントいたします!

コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2013年8月20日)

イベント情報

『チェコの映画ポスター テリー・ポスター・コレクションより』

2013年8月28日(水)~12月1日(日)
会場:東京都 京橋 東京国立近代美術館フィルムセンター 展示室
時間:11:00~18:30(入館は18:00まで)
休館日:月曜、9月16日(月・祝)~9月26日(木)
料金:一般200円 大学生・シニア70円
※高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)、MOMATパスポートをお持ちの方、キャンパスメンバーズは無料

『講演会』
2013年8月31日(土)14:00~
会場:東京都 京橋 東京国立近代美術館フィルムセンター
出演:パヴェル・ライチャン(テリー・ポスター代表)

(画像上から:『やさしい女』(1969年、フランス、ロベール・ブレッソン監督)1970年 82×58 ポスター:オルガ・ポラーチコヴァー=ヴィレチャロヴァー、『女は女である』(1961年、フランス=イタリア、ジャン=リュック・ゴダール監督)1968年 78×58 ポスター:ヨゼフ・ヴィレチャル、『ゴジラ』(1954年、本多猪四郎監督)1956年 84×61 ポスター:フランチシェク・カルダウス、『羅生門』(1950年、黒澤明監督)1970年 82×59 ポスター:ベドジヒ・ドロウヒー)

『やさしい女』(1969年、フランス、ロベール・ブレッソン監督)1970年 82×58 ポスター:オルガ・ポラーチコヴァー=ヴィレチャロヴァー
『やさしい女』(1969年、フランス、ロベール・ブレッソン監督)1970年 82×58 ポスター:オルガ・ポラーチコヴァー=ヴィレチャロヴァー
『女は女である』(1961年、フランス=イタリア、ジャン=リュック・ゴダール監督)1968年 78×58 ポスター:ヨゼフ・ヴィレチャル
『女は女である』(1961年、フランス=イタリア、ジャン=リュック・ゴダール監督)1968年 78×58 ポスター:ヨゼフ・ヴィレチャル
『ゴジラ』(1954年、本多猪四郎監督)1956年 84×61 ポスター:フランチシェク・カルダウス
『ゴジラ』(1954年、本多猪四郎監督)1956年 84×61 ポスター:フランチシェク・カルダウス
『羅生門』(1950年、黒澤明監督)1970年 82×59 ポスター:ベドジヒ・ドロウヒー
『羅生門』(1950年、黒澤明監督)1970年 82×59 ポスター:ベドジヒ・ドロウヒー
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年