ニュース

国際舞台芸術フェス『KYOTO EXPERIMENT』、チェルフィッチュや池田亮司新作も

京都芸術センター、京都芸術劇場春秋座など、京都の劇場を中心にした国際舞台芸術フェスティバル『KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2013』が、9月28日から開催される。

今年で4回目を迎える同イベントには、日本国内に加え、ブラジル、フランス、イギリス、ドイツ、アルゼンチンのアーティストが参加。今年は演劇の原点を再確認するような作品にフォーカスしながら、ジャンルの枠組みを超えた未知の表現との出会いの場を提供するという。

公式プログラムでは、チェルフィッチュが盟友のサンガツと共に独自の音楽劇に挑む『地面と床』、京都で滞在制作を行ったマルセロ・エヴェリン/デモリションInc.による『突然どこもかしこも黒山の人だかりとなる』、2004年以降に制作した3作品を新たな作品に昇華した庭劇団ペニノ『大きなトランクの中の箱』、池田亮司が量子力学や量子情報理論の作品化に挑む新シリーズのパフォーマンス『superposition』をはじめ、木ノ下歌舞伎、She She Pop、Baobab、ロラ・アリアス、ビリー・カウィー、高嶺格が作品を発表。なお、公式プログラム10演目のうち8演目が新作になる。

また、メインプログラムの周辺で行われる様々なイベント「フリンジ」として、演出家・羽鳥嘉郎による「使えるプログラム」と公募による「オープンエントリー作品」が実施される。詳細はオフィシャルサイトからチェックしてみよう。


イベント情報

『KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2013』

2013年9月28日(土)~10月27日(日)
会場:京都府(以下同)
京都芸術センター、京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)、元・立誠小学校、京都府立府民ホールアルティ、Gallery PARC、京都市役所前広場 ほか

上演作品:
[公式プログラム]
チェルフィッチュ『地面と床』
マルセロ・エヴェリン/デモリションInc.『突然どこもかしこも黒山の人だかりとなる』
庭劇団ペニノ『大きなトランクの中の箱』
木ノ下歌舞伎『木ノ下歌舞伎ミュージアム“SAMBASO”~バババッとわかる三番叟~』
She She Pop『シュプラーデン(引き出し)』
Baobab『家庭的 1.2.3』
池田亮司『superposition』
ロラ・アリアス『憂鬱とデモ』
ビリー・カウィー『“Art of Movement” and “Dark Rain”』
高嶺格『ジャパン・シンドローム~ベルリン編』

(画像上から:『KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2013』ポスター、チェルフィッチュ『地面と床』 photo: Kamel Moussa、マルセロ・エヴェリン/デモリションInc.『突然どこもかしこも黒山の人だかりとなる』 photo: Sérgio Caddah、池田亮司『superposition』 photo: Daniel Karl Fidelis Fuchs、She She Pop『シュプラーデン(引き出し)』 photo: Benjamin Krieg)

『KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2013』ポスター
『KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2013』ポスター
チェルフィッチュ『地面と床』 photo: Kamel Moussa
チェルフィッチュ『地面と床』 photo: Kamel Moussa
マルセロ・エヴェリン/デモリションInc.『突然どこもかしこも黒山の人だかりとなる』 photo: Sérgio Caddah
マルセロ・エヴェリン/デモリションInc.『突然どこもかしこも黒山の人だかりとなる』 photo: Sérgio Caddah
池田亮司『superposition』 photo: Daniel Karl Fidelis Fuchs
池田亮司『superposition』 photo: Daniel Karl Fidelis Fuchs
She She Pop『シュプラーデン(引き出し)』 photo: Benjamin Krieg
She She Pop『シュプラーデン(引き出し)』 photo: Benjamin Krieg
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場