ニュース

ズボンズが9月に「最後のライブ」開催、ドン・マツオがブログで心境明かす

The Zoobombsの「最後のライブ」となるライブイベント『ZOOBOMBS Farewell Concert』が、9月22日に東京・下北沢のBASEMENT BARで開催される。

今年6月のツアー最終日をもってオリジナルメンバーのムーストップ(Ba)が脱退したThe Zoobombs。8月21日にオフィシャルサイトで「ズボンズ20周年ライブを開催します。そしてこれは同時に、ズボンズ最後のライブにすることにしました」と発表されていた。

ドン・マツオ(Vo,Gt)のブログで8月24日に公開された記事によると、ムーストップ脱退を受けて「新しいベースプレイヤーを見つけ、更に新しいメンバーをもう一人加えることで、これからまた新しいズボンズを創り上げるのだと決心を固めていた」と、新体制による活動継続を模索していたとのこと。しかし、「どうにかメンバーも揃えた時に今度はPittから『実は音楽を止めることにしたい』という申し入れがあった」という出来事などがきっかけで「巨大な失望感」に苛まれ、「長いこと取り組んでいた『ズボンズ』という実験への意欲を喪失してしまった」と経緯が綴られている。

また、「最後のライブ」という言葉の真意については、「『バンド解散』という物言いが、どうもしっくりこないので、そう書けない。ここでは、ライブ(生命活動)を終える、としか言えない」と記されている。

The Zoobombsは、1994年に東京で結成。1998年に発表されたシングル曲“Mo'Funky”“Bomb the Bomb”などで注目を集め、2009年にはバンド結成15周年を記念して自主レーベル「Donuts Worm」を設立。国内外で精力的な活動を展開していた。

イベント情報

『ZOOBOMBS Farewell Concert』

2013年9月22日(日)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京都 下北沢 BASEMENT BAR
出演:
The Zoobombs
and more
料金:前売3,000円 当日3,500円(共にドリンク別)

(画像:The Zoobombs)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年