ニュース

ズボンズが9月に「最後のライブ」開催、ドン・マツオがブログで心境明かす

The Zoobombsの「最後のライブ」となるライブイベント『ZOOBOMBS Farewell Concert』が、9月22日に東京・下北沢のBASEMENT BARで開催される。

今年6月のツアー最終日をもってオリジナルメンバーのムーストップ(Ba)が脱退したThe Zoobombs。8月21日にオフィシャルサイトで「ズボンズ20周年ライブを開催します。そしてこれは同時に、ズボンズ最後のライブにすることにしました」と発表されていた。

ドン・マツオ(Vo,Gt)のブログで8月24日に公開された記事によると、ムーストップ脱退を受けて「新しいベースプレイヤーを見つけ、更に新しいメンバーをもう一人加えることで、これからまた新しいズボンズを創り上げるのだと決心を固めていた」と、新体制による活動継続を模索していたとのこと。しかし、「どうにかメンバーも揃えた時に今度はPittから『実は音楽を止めることにしたい』という申し入れがあった」という出来事などがきっかけで「巨大な失望感」に苛まれ、「長いこと取り組んでいた『ズボンズ』という実験への意欲を喪失してしまった」と経緯が綴られている。

また、「最後のライブ」という言葉の真意については、「『バンド解散』という物言いが、どうもしっくりこないので、そう書けない。ここでは、ライブ(生命活動)を終える、としか言えない」と記されている。

The Zoobombsは、1994年に東京で結成。1998年に発表されたシングル曲“Mo'Funky”“Bomb the Bomb”などで注目を集め、2009年にはバンド結成15周年を記念して自主レーベル「Donuts Worm」を設立。国内外で精力的な活動を展開していた。

イベント情報

『ZOOBOMBS Farewell Concert』

2013年9月22日(日)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京都 下北沢 BASEMENT BAR
出演:
The Zoobombs
and more
料金:前売3,000円 当日3,500円(共にドリンク別)

(画像:The Zoobombs)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生