ニュース

世界各国からギャラリー集う『TOKYO PHOTO』、今年は増上寺が舞台

国内外のギャラリーが参加するフォトフェア『TOKYO PHOTO 2013』が、9月27日から9月30日にかけて東京・芝公園の増上寺で開催される。

今回で5回目を迎える同イベントは、写真作品を販売するアートフェアやフォトキュレーターによる展示、キュレーターやアーティストらによるトークショーなどを通じて、写真文化を複合的に体感させると共に、お互いを刺激し合えるような場所を目指している。

今年は、東京をはじめ、ニューヨーク、パリ、ベルリン、アムステルダム、マドリッドなど世界の10都市のギャラリーが出展。イギリスの近現代美術館テート・モダンのフォトキュレーターを務めるサイモン・ベーカーによる企画展や、2012年に逝去した東松照明の追悼展、ウィリアム・クラインによる写真展、『日中未来の子ども100人の写真展』が行われる予定だ。なお、会期中は境内の中にカフェラウンジやバー、ショップなどが展開される。


イベント情報

『TOKYO PHOTO 2013』

2013年9月27日(金)~9月30日(月)
会場:東京都 芝公園 増上寺
時間:12:00~19:00
※9月27日(金)19:00~22:00はオープニング

参加ギャラリー:
J. Paul Getty Museum(ロサンゼルス)
Tate Modern(ロンドン)
Akio Nagasawa Gallery + polka galerie(東京、パリ)
aura gallery(北京)
Blitz Gallery(東京)
Galerie Camera Obscura(パリ)
CAMERA WORK(ベルリン)
EMON PHOTO GALLERY(東京)
Galerie Esther Woerdehoff(パリ)
Gagosian Gallery(ニューヨーク)
Herdon Contemporary(シンガポール)
Lewin Fine Art(マサチューセッツ)
M+B (ロサンゼルス)
Misa Shin Gallery(東京)
Photo Gallery International(東京)
Picture Photo Space(大阪)
Photo Vivienne(パリ)
Taka Ishii Gallery Photography / Film(東京)
Ten Haaf Projects(アムステルダム)
GALLERY TARGET(東京)
Sabrina Amrani Art Gallery(マドリード)
Galerie, Sho Contemporary Art(東京)
Tomio Koyama Gallery(東京)
Yumiko Chiba Associates(東京)
Zen Foto Gallery(東京)
ADAD BOOKS(ロンドン)
LibroArte/roshin books(東京)
limArt / Nazraeli Press(東京、ポートランド)
Magnum Photos(東京)
Rpj books by studio punkfloyd
Seigensha(東京)
SUPER LABO(東京)
Tokyo Photo Publications

料金:一般前売1,000円 一般当日1,300円 学生1,000円
※9月27日のみ学生500円

(画像上から:Mike Brodie, From the series “A Period of Juvenile Prosperity”, 2006-2009 Courtesy of M+B Gallery ©Mike Brodie、Nobuyoshi Araki, Paradise 2, 2013 Courtesy of Taka Ishii Gallery Photography / Film ©Nobuyoshi Araki、Rene Burri, Chicago Illinois USA, 1971 Courtesy of Galerie Esther Woerdehoff ©Rene Burri、Shomei Tomatsu, Hateruma Island, 1971 Courtesy of MISA SHIN GALLERY ©SHOMEI TOMATSU-INTERFACE、Ed Ruscha “On the Road”展 ガゴシアン・ギャラリーに於ける展示風景。今回増上寺にて再現します。 『Tokyo Photo 2012』会場風景 Courtesy of Gagosian Gallery ©Ed Ruscha)

Mike Brodie, From the series “A Period of Juvenile Prosperity”, 2006-2009 Courtesy of M+B Gallery ©Mike Brodie
Mike Brodie, From the series “A Period of Juvenile Prosperity”, 2006-2009 Courtesy of M+B Gallery ©Mike Brodie
Nobuyoshi Araki, Paradise 2, 2013 Courtesy of Taka Ishii Gallery Photography / Film ©Nobuyoshi Araki
Nobuyoshi Araki, Paradise 2, 2013 Courtesy of Taka Ishii Gallery Photography / Film ©Nobuyoshi Araki
Rene Burri, Chicago Illinois USA, 1971 Courtesy of Galerie Esther Woerdehoff ©Rene Burri
Rene Burri, Chicago Illinois USA, 1971 Courtesy of Galerie Esther Woerdehoff ©Rene Burri
Shomei Tomatsu, Hateruma Island, 1971 Courtesy of MISA SHIN GALLERY ©SHOMEI TOMATSU-INTERFACE
Shomei Tomatsu, Hateruma Island, 1971 Courtesy of MISA SHIN GALLERY ©SHOMEI TOMATSU-INTERFACE
Ed Ruscha “On the Road”展 ガゴシアン・ギャラリーに於ける展示風景。今回増上寺にて再現します。『Tokyo Photo 2012』会場風景 Courtesy of Gagosian Gallery ©Ed Ruscha
Ed Ruscha “On the Road”展 ガゴシアン・ギャラリーに於ける展示風景。今回増上寺にて再現します。『Tokyo Photo 2012』会場風景 Courtesy of Gagosian Gallery ©Ed Ruscha
画像を拡大する(15枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 1

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  2. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 2

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  3. 宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一 3

    宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一

  4. エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由 4

    エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由

  5. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 5

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  6. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 6

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  7. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 7

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  8. CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように 8

    CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』 10

    ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』