ニュース

スタジオジブリのドキュメンタリー映画『夢と狂気の王国』最速上映&トークイベント

スタジオジブリのドキュメンタリー映画『夢と狂気の王国』の最速上映会と公開記念イベントが、11月15日に東京・新宿のバルト9で開催される。

映画『エンディングノート』などで知られるドキュメンタリー監督の砂田麻美がメガホンをとった『夢と狂気の王国』は、約50年前に東映動画で出会った宮崎と高畑、彼らと苦楽を共にしてきた鈴木敏夫プロデューサーの愛憎や創作の現場などを捉えた作品。音楽は高木正勝、プロデュースをドワンゴ代表取締役会長の川上量生が担当している。

同イベントでは、『夢と狂気の王国』を全国公開日である11月16日の日付変更と同時に上映を行うほか、高畑監督と宮崎監督の原点ともいえる1972年公開のアニメーション作品『パンダコパンダ』の上映、アニメーション制作会社Production I.Gのプロデューサー石井朋彦と、同作のプロデュースを手掛けた川上量生が日本のアニメの未来について語り合うトークショー、砂田監督らが登壇する舞台挨拶が行われる。

また、当日はランドスケープアーティストの石原和幸が会場のエントランスホールにスタジオジブリをイメージした庭を造園するという。チケット発売は11月9日からスタート。なお、トークイベントなどの模様はニコニコ生放送で生中継される。

イベント情報

『世界最速上映!「夢と狂気の王国」公開記念イベント』

2013年11月15日(金)21:00~
会場:東京都 新宿バルト9
上映作品:
『夢と狂気の王国』(監督:砂田麻美)
『パンダコパンダ』(演出:高畑勲、脚本:宮崎駿)
『パンダコパンダ 雨ふりサーカス』(演出:高畑勲、脚本:宮崎駿)
トーク:
川上量生(ドワンゴ代表取締役会長)
石井朋彦(Production I.G)
料金:1,800円(ポップコーン付き)
※ロビー展示、トークショーは無料

作品情報

『夢と狂気の王国』

2013年11月16日(土)から全国公開
監督・脚本:砂田麻美
音楽:高木正勝
配給:東宝

(画像上:『夢と狂気の王国』 ©2013 dwango、画像下:『パンダコパンダ』 ©TMS)

『夢と狂気の王国』 ©2013 dwango
『夢と狂気の王国』 ©2013 dwango
『パンダコパンダ』 ©TMS
『パンダコパンダ』 ©TMS
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Yackle“ココナッツ(feat. ちゃんもも◎ from バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI & カルロスまーちゃん)”

現役高校生・Yackleの初フルアルバム収録曲“ココナッツ”のライブ映像。浮遊感あるサウンドに、ちゃんもも◎とカルロスまーちゃんが呪文を乗せたような1曲。歌詞にある「ぐにゃぐにゃに見えるプール」の中にいるような、不思議な世界観に引き込まれる。Yackle自身がヨーヨーを華麗にプレイするシーンなど、音源では味わえないパフォーマンスにも注目したい。(岡本)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」