ニュース

電子音楽家lycoriscorisの新作『Until then』はチルウェーブからジャズまで昇華

lycoriscorisのニューアルバム『Until then』が、12月12日にリリースされる。

lycoriscorisは東京都内を中心に活動する電子音楽家。数台のコンピューターと生楽器によるバンド編成をはじめ、ソロセットやピアノソロなど様々な編成によるライブを行っている。これまでに『EMAF 2013』『OUT OF DOTS 2012-2013』などのイベントに出演したほか、2012年には上海などの5会場を巡る中国ツアーも行った。

ポストクラシカルに通じるサウンドスケープとIDM、グリッチサウンドを融合させた2011年リリースの1stアルバム『from beyond the horizon』に続く同作では、自身のルーツであるというポストロック、シューゲイザーなどをもとに、チルウェーブやジャズ、ヒップホップなどを取り込んだサウンドが展開されている。なお、moph recordsのSoundCloudでは同作の試聴音源が公開中だ。

リリース情報

lycoriscoris
『Until then』(CD)

2013年12月12日発売
価格:2,100円(税込)
mcd-012

1. finale
2. unconditional song
3. it might be failure
4. i
5. weightless
6. for zany in ordinary
7. under water
8. consciousness garden
9. naif
10. only one day
11. until then
12. awa

amazonで購入する

(画像上:lycoriscoris、画像下:lycoriscoris『Until then』ジャケット)

lycoriscoris
lycoriscoris
lycoriscoris『Until then』ジャケット
lycoriscoris『Until then』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 金ローで『IT/イット』1作目が地上波初放送。R15+の「ファミリー映画」 1

    金ローで『IT/イット』1作目が地上波初放送。R15+の「ファミリー映画」

  2. WANIMAが歌う「綺麗じゃなくてもいい」。傷も曝け出して前へ 2

    WANIMAが歌う「綺麗じゃなくてもいい」。傷も曝け出して前へ

  3. 堤幸彦監督×佐藤二朗主演のドラマ『翔べ!工業高校マーチングバンド部』 3

    堤幸彦監督×佐藤二朗主演のドラマ『翔べ!工業高校マーチングバンド部』

  4. 『縄文族 JOMON TRIBE2』展が開催 タトゥーから人類史を読み解く 4

    『縄文族 JOMON TRIBE2』展が開催 タトゥーから人類史を読み解く

  5. 有村架純&浜辺美波が姉妹役、いきものがかり楽曲提供 JA共済の新CM放送 5

    有村架純&浜辺美波が姉妹役、いきものがかり楽曲提供 JA共済の新CM放送

  6. 舞台『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨、我妻善逸、冨岡義勇、珠世らのビジュアル公開 6

    舞台『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨、我妻善逸、冨岡義勇、珠世らのビジュアル公開

  7. 小沢健二が『SONGS』に登場、焼き鳥屋で率直な思いを明かす 7

    小沢健二が『SONGS』に登場、焼き鳥屋で率直な思いを明かす

  8. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 8

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  9. 玉城ティナが制服姿&橋本マナミが見下す表情 映画『地獄少女』場面写真 9

    玉城ティナが制服姿&橋本マナミが見下す表情 映画『地獄少女』場面写真

  10. 大西晃生、たなかかなめ、カワムラシュウイチの展覧会『孤独と連帯』開催 10

    大西晃生、たなかかなめ、カワムラシュウイチの展覧会『孤独と連帯』開催