ニュース

ブックコーディネーター内沼晋太郎が「本」の未来を綴る書籍『本の逆襲』

ブックコーディネーターの内沼晋太郎による書籍『本の逆襲』が、本日12月11日に刊行された。

本と人の新たな出会いを提案するブックレーベル「numabooks」を主宰する内沼。東京・下北沢の本屋B&Bの開業に博報堂ケトルと共に携わったほか、読書用品のブランド「BIBLIOPHILIC」のプロデュース、DESCENTE SHOP TOKYOの本棚とイベントスペースのプロデュース、書店や出版社のコンサルティング、電子書籍関連のプロデュースなど、本に関する様々なプロジェクトに携わっている。

同書では、現在の仕事に携わるまでの経緯やこれまで手掛けてきたプロジェクトを紹介すると共に、本が流通するまでの流れや仕組み、本と書店の現状と未来への展望などが綴られている。同書の特設サイトでは、よしもとばなな、若木信吾、小林浩(月曜社取締役)によるコメントが掲載されているほか、刊行を記念するトークイベントのスケジュールが随時更新中だ。

リリース情報

『アイデアインク 10 本の逆襲』

2013年12月11日発売
著者:内沼晋太郎
価格:987円(税込)
発行:朝日出版社

amazonで購入する

(画像上:『アイデアインク 10 本の逆襲』表紙、画像下:内沼晋太郎)

『アイデアインク 10 本の逆襲』表紙
『アイデアインク 10 本の逆襲』表紙
内沼晋太郎
内沼晋太郎
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで