ニュース

ブックコーディネーター内沼晋太郎が「本」の未来を綴る書籍『本の逆襲』

ブックコーディネーターの内沼晋太郎による書籍『本の逆襲』が、本日12月11日に刊行された。

本と人の新たな出会いを提案するブックレーベル「numabooks」を主宰する内沼。東京・下北沢の本屋B&Bの開業に博報堂ケトルと共に携わったほか、読書用品のブランド「BIBLIOPHILIC」のプロデュース、DESCENTE SHOP TOKYOの本棚とイベントスペースのプロデュース、書店や出版社のコンサルティング、電子書籍関連のプロデュースなど、本に関する様々なプロジェクトに携わっている。

同書では、現在の仕事に携わるまでの経緯やこれまで手掛けてきたプロジェクトを紹介すると共に、本が流通するまでの流れや仕組み、本と書店の現状と未来への展望などが綴られている。同書の特設サイトでは、よしもとばなな、若木信吾、小林浩(月曜社取締役)によるコメントが掲載されているほか、刊行を記念するトークイベントのスケジュールが随時更新中だ。

リリース情報

『アイデアインク 10 本の逆襲』

2013年12月11日発売
著者:内沼晋太郎
価格:987円(税込)
発行:朝日出版社

amazonで購入する

(画像上:『アイデアインク 10 本の逆襲』表紙、画像下:内沼晋太郎)

『アイデアインク 10 本の逆襲』表紙
『アイデアインク 10 本の逆襲』表紙
内沼晋太郎
内沼晋太郎
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)