ニュース

たまアリ3DAYSの新フェス『VIVA LA ROCK』にくるり、サカナ、BBS、ceroら13組追加

5月3日から5日まで埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催される音楽イベント『VIVA LA ROCK』の第3弾出演者が発表された。

今回明らかになった出演者は、音速ライン、きのこ帝国、くるり、サカナクション、Suck a Stew Dry、SKA SKA CLUB、cero、tacica、ドレスコーズ、Northern19、ハルカトミユキ、BOOM BOOM SATELLITES、POLYSICSの13組。今回の発表で36組の出演者が明らかになった。

今回が初の開催となる『VIVA LA ROCK』は、「音楽の音楽による音楽のためのロックフェス」をテーマに掲げるフェスティバル。会場内の3ステージに加えて、野外にもステージを設置し、出演者は1日約20組、計60組程度の出演を予定している。また、ライブ以外にもマーケット、ワークショップの開催、フードコーナーなども用意される。

また、3日間通し券の先行販売がオフィシャルサイトで受付中。一般発売は2月15日からスタートする。

イベント情報

『VIVA LA ROCK』

2014年5月3日(土)~5月5日(月・祝)OPEN 9:00 / START 11:00
会場:埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
出演:
赤い公園
ACIDMAN
THE ORAL CIGARETTES
音速ライン
KANA-BOON
KEYTALK
きのこ帝国
キュウソネコカミ
くるり
ゲスの極み乙女。
サカナクション
Suck a Stew Dry
SHISHAMO
SiM
SKA SKA CLUB
スガシカオ
SPECIAL OTHERS
cero
高橋優
tacica
dustbox
the telephones
10-FEET
ドレスコーズ
Northern19
パスピエ
HAPPY
the band apart
ハルカトミユキ
BIGMAMA
plenty
BOOM BOOM SATELLITES
Base Ball Bear
THE BAWDIES
POLYSICS
UNISON SQUARE GARDEN
and more
料金:1日券9,500円 2日券17,000円 3日券23,000円

(画像:『VIVA LA ROCK』ロゴ)

『VIVA LA ROCK』ロゴ
『VIVA LA ROCK』ロゴ
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今