ニュース

浅野忠信と二階堂ふみが禁断の愛に溺れる父娘に、映画『私の男』から新ビジュアル公開

桜庭一樹原作の映画『私の男』が、6月に全国で公開される。

2008年に『第138回直木賞』を受賞した小説『私の男』は、オホーツク海の流氷の上で起こった殺人事件から逃げ出した父と娘による禁断の愛を濃密に描いた作品。父・淳悟役に浅野忠信、娘・花役に二階堂ふみがキャスティングされているほか、高良健吾、藤竜也がキャストに名を連ねている。

メガホンをとるのは、映画『海炭市叙景』『夏の終り』などで人間の心の機微を丁寧に描いた熊切和嘉監督。冬の場面の撮影は物語の背景となる流氷を待って今年1月から北海道・紋別でスタートし、2月に終了。春の場面は4月から紋別と東京で撮影され、5月にクランクアップしたという。

今回公開されたポスタービジュアルには、流氷の上に佇む浅野と二階堂の後ろ姿がフィーチャーされており、「流氷での殺人事件が、すべてのはじまりだった――」とキャッチコピーが添えられている。

作品情報

『私の男』

2014年6月から全国公開
監督:熊切和嘉
原作:桜庭一樹『私の男』(文春文庫)
出演:
浅野忠信
二階堂ふみ
高良健吾
藤竜也
配給:日活

(画像:©2013「私の男」製作委員会)

『私の男』ポスタービジュアル ©2013「私の男」製作委員会
『私の男』ポスタービジュアル ©2013「私の男」製作委員会
『私の男』 ©2013「私の男」製作委員会
『私の男』 ©2013「私の男」製作委員会
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで