ニュース

虐殺加害者がカメラの前で殺人を再演、異色ドキュメンタリー『アクト・オブ・キリング』

虐殺の加害者たちにスポットをあてるドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』が、4月から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開される。

1960年代に100万人規模の虐殺が密かに行われていたインドネシア。同作は、「国民的英雄」として現在も生活している虐殺の実行者たちが、過去の虐殺行為の場面を自らカメラの前で演じる様子を捉えた異色のドキュメンタリー作品だ。

インドネシアの過去の虐殺をテーマにドキュメンタリーを製作しようとしていたジョシュア・オッペンハイマー監督は、被害者らへの接触を当局に禁止されたため、取材対象を加害者に変更。映画ファンだという加害者の男たちが映画の製作を喜び、嬉々として過去の行為を再現して見せたことをきっかけに、「あなたたち自身で、カメラの前で演じてみませんか」と持ちかけたことから、加害者たちが殺人行為を映画スターのように意気揚々と演じる様子の撮影が実現したという。

なお、同作の共同プロデューサーに名を連ねているヴェルナー・ヘルツォーク監督は、「私は少なくともこの10年間、これほどにパワフルで、超現実的で、恐ろしい映画を観たことがない。映画史上に類を見ない作品である」とコメントしている。

作品情報

『アクト・オブ・キリング』

2014年4月からシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
監督:ジョシュア・オッペンハイマー
共同監督:クリスティン・シン、匿名希望
配給:トランスフォーマー

(画像:『アクト・オブ・キリング』)

『アクト・オブ・キリング』より
『アクト・オブ・キリング』より
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ 1

    ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ

  2. 次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら 2

    次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら

  3. 大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年 3

    大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年

  4. KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る 4

    KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る

  5. ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも 5

    ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも

  6. 星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも 6

    星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも

  7. BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も 7

    BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も

  8. 世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る 8

    世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る

  9. BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開 9

    BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開

  10. 草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」 10

    草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」