ニュース

たまアリフェス『VIVA LA ROCK』にフィッシュマンズら10組追加、館内宿泊も

5月3日から3日間にわたり埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催される、屋内ロックフェスティバル『VIVA LA ROCK』の第5弾出演者が発表された。

今回追加されたのは、桜井和寿とGAKU-MCによるユニット・UKASUKA-Gをはじめ、フィッシュマンズ、東京スカパラダイスオーケストラ、NUBO、MY FIRST STORY、それでも世界が続くなら、東京カランコロン、LAMP IN TERREN、森は生きている、lego big morlの10組。出演者は今後も追加される予定だ。

また同イベントでは、終演後に会場内が宿泊スペースになる「VIVA LA MOTEL」を実施。5月3日と4日の各日500名限定で、リクライニングチェアを借りて休むことができる。イベント入場券と共に「VIVA LA MOTEL」の宿泊券も発売中だ。

さらに5月の開催に先駆け、4月にはロックDJイベント『Getting Better』との共同開催で東名阪を巡る『Getting Better Presents“VIVA LA ROCK PARTY”』が行われる。『VIVA LA ROCK』のチケット提示による割引やオフィシャルグッズのプレゼントなど、『VIVA LA ROCK』と連動した企画も催される。

イベント情報

『VIVA LA ROCK』

2014年5月3日(土・祝)~5日(月・祝)OPEN 9:00 / START 11:00
会場:埼玉県 さいたまスーパーアリーナ

5月3日出演:
ACIDMAN
THE ORAL CIGARETTES
KANA-BOON
KEYTALK
キュウソネコカミ
くるり
go!go!vanillas
SiM
SKA SKA CLUB
dustbox
10-FEET
東京スカパラダイスオーケストラ
NUBO
Northern19
the band apart
BIGMAMA
The Flickers
BLUE ENCOUNT
MY FIRST STORY
and more
5月4日出演:
赤い公園
UKASUKA-G(桜井和寿・GAKU-MC)
エレファントカシマシ
音速ライン
クリープハイプ
ゲスの極み乙女。
SHISHAMO
スガシカオ
それでも世界が続くなら
高橋優
the telephones
東京カランコロン
ドレスコーズ
パスピエ
FLOWER FLOWER
Base Ball Bea
THE BAWDIES
UNISON SQUARE GARDEN
LAMP IN TERREN
and more
5月5日出演:
きのこ帝国
サカナクション
Suck a Stew Dry
[Champagne]
SPECIAL OTHERS
cero
tacica
Czecho No Republic
Nothing's Carved In Stone
HAPPY
ハルカトミユキ
フィッシュマンズ
The fin.
plenty
BOOM BOOM SATELLITES
星野源
POLYSICS
森は生きている
lego big morl
and more

料金:1日券9,500円 2日券17,000円 3日券23,000円
※小学生未満は保護者同伴のもと無料

イベント情報

『Getting Better Presents“VIVA LA ROCK PARTY”』

『VIVA LA OSAKA』
2014年4月19日(土)OPEN / START 22:00
会場:大阪府 心斎橋 TRIANGLE
DJ:
片平実(Getting Better)
鹿野淳(MUSICA)
NON
saki
小村幸男
VJ:nao

『VIVA LA NAGOYA』
2014年4月20日(日)OPEN / START 17:00
会場:愛知県 名古屋 cafe domina
DJ:
片平実(Getting Better)
鹿野淳(MUSICA)
NOIRI
DCO
takumi
栃沢康博
VJ:dragthink

『VIVA LA TOKYO』
2014年4月26日(土)OPEN 23:30
会場:東京都 下北沢 CLUB Que
ライブ:
LAMP IN TERREN
DJ:
片平実(Getting Better)
鹿野淳(MUSICA)
神啓文(Free Throw)
西村道男(Nur.)
VJ:waY

料金:全公演 前売2,000円(ドリンク別)

(画像上:『VIVA LA ROCK』ロゴ、画像中:フィッシュマンズ、画像下:UKASUKA-G)

『VIVA LA ROCK』ロゴ
『VIVA LA ROCK』ロゴ
フィッシュマンズ
フィッシュマンズ
UKASUKA-G
UKASUKA-G
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年