ニュース

坂元裕二の作品を男女1組で朗読、高橋一生、酒井若菜、風間俊介、谷村美月らが出演

脚本家・坂元裕二の作品を朗読する『坂元裕二 朗読劇二〇一四』が、6月3日から3日間にわたり東京・青山一丁目の草月ホールで上演される。

『Woman』『Mother』『最高の離婚』『それでも、生きてゆく』などの脚本で知られ、2008年には『向田邦子賞』を受賞した坂元裕二。初めて朗読劇の脚本・演出に挑んだ2012年に続いて開催される同公演では、2012年に上演した『不帰の初恋、海老名SA』と書き下ろしの新作『カラシニコフ不倫海峡』の2本を、日替わりで男女の俳優1組がそれぞれ上演する。

出演者は、6月3日に出演する高橋一生と酒井若菜、6月4日に出演する風間俊介と谷村美月、6月5日に出演する満島真之介と倉科カナの6人。『不帰の初恋、海老名SA』は、死傷者の出た事故現場から逃走中の高速バス運転手を探す婚約者の女と、初恋の相手であるその女が事故を起こしたバスの中で書いた手紙を受け取った男が、海老名サービスエリアで再び邂逅する様を描く。

新作の『カラシニコフ不倫海峡』は、アフリカで地雷除去ボランティアに従事している際に少年兵のカラシニコフ銃に撃たれて死んだとされていた妻が、アフリカで他の女の夫と暮らしているという手紙を受け取った男が、真偽を確かめるために手紙の送り主の女と東京・渋谷の円山町のホテルで待ち合わせをする、という物語だ。チケットは現在発売中。

※記事掲載時、表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

イベント情報

『坂元裕二 朗読劇二〇一四』

2014年6月3日(火)~6月5日(木)全6公演
会場:東京都 青山一丁目 草月ホール
脚本・演出:坂元裕二
上演作品:
昼公演『不帰の初恋、海老名SA』
夜公演『カラシニコフ不倫海峡』

2014年6月3日(火)
出演:
高橋一生
酒井若菜

2014年6月4日(水)
出演:
風間俊介
谷村美月

2014年6月5日(木)
出演:
満島真之介
倉科カナ

料金:5,000円 同日昼夜通し券9,500円

(画像:『坂元裕二 朗読劇二〇一四』メインビジュアル)

『坂元裕二 朗読劇二〇一四』メインビジュアル
『坂元裕二 朗読劇二〇一四』メインビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年