ニュース

3DCG映画『STAND BY ME ドラえもん』、妻夫木聡が青年のび太の声を担当

8月8日から全国東宝系で公開される映画『STAND BY ME ドラえもん』で、妻夫木聡が声優を務めていることがわかった。

原作者である藤子・F・不二雄の生誕80周年記念して公開される同作。原作漫画の複数のエピソードをベースに、何をやらせても冴えない少年のび太と、のび太を幸せにしない限り22世紀に帰ることができないネコ型ロボット・ドラえもんとの出会いと別れ、のび太としずかちゃんの恋模様などを3DCGで描く。監督は、『friends もののけ島のナキ』で共同監督を務めた八木竜一と、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズや『永遠の0』でも知られる山崎貴がタッグを組む。主題歌は、秦基博の“ひまわりの約束”となる。

今回妻夫木が声を担当するのは、大人になったのび太。自前の眼鏡をかけ、のび太になりきってアフレコを行ったという妻夫木は、「ドラえもんは国民的漫画なので、自分が声をやらせて頂いていいのかという葛藤がすごくありました。のび太の声ですもん。越えちゃいけない壁があるような。でも『どうしても僕でお願いしたい』と制作のみなさんから何度もオファーを頂いて、そこまで言って頂いたのでその言葉を信じてやらせて頂きました」と語っている。なお、妻夫木は『ドラえもん』を実写版でリメイクしているトヨタ自動車のCMでものび太を演じている。

『STAND BY ME ドラえもん』試写会にご招待

8月3日(日)16:00(開場15:30)から東京・よみうりホール(千代田区有楽町1-11-1)で行われる『STAND BY ME ドラえもん』試写会に15組30名様をご招待いたします!
※試写会は2Dでの上映となります
コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、試写会招待券の発送をもって替えさせていただきます(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2014年7月24日)

作品情報

『STAND BY ME ドラえもん』

2014年8月8日(金)から全国東宝系で公開
監督:八木竜一、山崎貴
脚本:山崎貴
原作:藤子・F・不二雄
主題歌:秦基博“ひまわりの約束”
配給:東宝

妻夫木聡アフレコ風景(左)と大人になったのび太のキャラクターイメージ ©2014「STAND BY MEドラえもん」製作委員会
妻夫木聡アフレコ風景(左)と大人になったのび太のキャラクターイメージ ©2014「STAND BY MEドラえもん」製作委員会
『STAND BY ME ドラえもん』 ©2014「STAND BY MEドラえもん」製作委員会
『STAND BY ME ドラえもん』 ©2014「STAND BY MEドラえもん」製作委員会
『STAND BY ME ドラえもん』 ©2014「STAND BY MEドラえもん」製作委員会
『STAND BY ME ドラえもん』 ©2014「STAND BY MEドラえもん」製作委員会
『STAND BY ME ドラえもん』 ©2014「STAND BY MEドラえもん」製作委員会
『STAND BY ME ドラえもん』 ©2014「STAND BY MEドラえもん」製作委員会
『STAND BY ME ドラえもん』 ©2014「STAND BY MEドラえもん」製作委員会
『STAND BY ME ドラえもん』 ©2014「STAND BY MEドラえもん」製作委員会
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く