ニュース

「この世界の在りか」を想像させる体験型展示、現代芸術活動チーム目【め】個展

現代芸術活動チーム目【め】の展覧会『たよりない現実、この世界の在りか』が、7月18日から東京・銀座の資生堂ギャラリーで開催される。

2012年から活動している目【め】は、アーティストの荒神明香、ディレクションを務めるwah documentの南川憲二、wah document運営メンバーで制作を担当する増井宏文による現代芸術活動チーム。2013年に『瀬戸内国際芸術祭』のプロジェクトとして行った『迷路のまち~変幻自在の路地空間~』では、改装した空家の室内に複数の壁やドアを配置することで異空間を演出したほか、栃木・宇都宮美術館の館外プロジェクトとして、市民と共に大きな顔の立体物を屋外に浮かべることを目指す『おじさんの顔が空に浮かぶ日』を進行中。今年2月に福岡・三菱地所アルティアムで行われた個展『状況の配列』では、ギャラリーを倉庫のような空間に仕立て、様々な仕掛けを施したことも記憶に新しい。

目【め】にとって東京での初個展となる同展では、資生堂ギャラリーを異空間に変容させる新作インスタレーションを発表。立体的な仕掛けにより、観客に普段は意識しない感覚を与えると共に、「この世界の在りか」について想像させるような体験型の展示になるという。8月3日には南川と荒神によるギャラリートークも行われる。

イベント情報

目【め】
『たよりない現実、この世界の在りか』展

2014年7月18日(金)~ 8月22日(金)
会場:東京都 銀座 資生堂ギャラリー
時間:11:00~19:00、日曜11:00~18:00
休廊日:月曜
料金:無料

目【め】によるギャラリートーク
2014年8月3日(日)14:00~16:00
会場:東京都 銀座 ワード資生堂(東京銀座資生堂ビル9階)
定員:60名
料金:無料

展覧会用コラージュ 2014
展覧会用コラージュ 2014
展覧会用ドローイング 2014
展覧会用ドローイング 2014
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー