ニュース

『ヒロシマ賞』受賞記念展、暴力による死者を悼む『ドリス・サルセド展』

『第9回ヒロシマ賞』受賞を記念する展覧会『ドリス・サルセド展』が、10月13日まで広島・広島市現代美術館で開催されている。

『ヒロシマ賞』は、現代美術の分野で人類の平和に貢献した作家の業績を顕彰し、世界の恒久平和を希求する「ヒロシマの心」を広く世界に伝えることを目的として設置。世界各地のアーティストを対象に、3年に1度授与されている。

9回目となる今回の受賞者は、コロンビア出身のアーティスト、ドリス・サルセド。1958年生まれのサルセドは、1980年代後半から日常の家具や衣服などを彫刻として再生させながら、暴力による犠牲者の記憶を静かに訴える作品や、空間全体を死者を悼むための場に変容させるような大規模なインスタレーションを制作している。同展では、人類史上でも類を見ない大きな暴力がもたらした広島の悲劇を現代と結び付けながら、死の悼みを超え、再生への願いを込めた作品を展示している。なお、南米出身の作家が『ヒロシマ賞』を受賞するのは今回が初めてとなる。

イベント情報

『第9回ヒロシマ賞受賞記念 ドリス・サルセド展』

2014年7月19日(土)~10月13日(月・祝)
会場:広島県 広島市現代美術館
時間:10:00~17:00(10月12日、13日は19:00まで)
休館日:月曜(祝休日は開館し、翌日休館)
料金:一般1,030円 大学生720円 高校生・65歳以上510円

ドリス・サルセド『プレガリア・ムーダ』(部分)2008-2010年 Photo by Patrizia Tocci
ドリス・サルセド『プレガリア・ムーダ』(部分)2008-2010年 Photo by Patrizia Tocci
ドリス・サルセド『ア・フロール・デ・ピエル』(部分)2013年 Photo by Joerg Lohse
ドリス・サルセド『ア・フロール・デ・ピエル』(部分)2013年 Photo by Joerg Lohse
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督Q&A

『キングス・オブ・サマー』『キングコング: 髑髏島の巨神』の監督であるジョーダン・ヴォート=ロバーツが、自身や自作を語る動画が公開。「影響を受けた映画」や「使用する楽曲への思い入れ」など、ファンからの質問に彼が回答しています。また、ファンが最も気になっていたであろう「髭に対するこだわり」も明らかになる、貴重な映像になっています。(久野)

  1. ビートたけしがプロデュースするアパレルブランド「KITANOBLUE」誕生 1

    ビートたけしがプロデュースするアパレルブランド「KITANOBLUE」誕生

  2. 山崎賢人主演『羊と鋼の森』新場面写真 鈴木亮平や仲里依紗らの姿も 2

    山崎賢人主演『羊と鋼の森』新場面写真 鈴木亮平や仲里依紗らの姿も

  3. 今夏開催『荒木飛呂彦原画展』チケット情報発表 グッズ付やプレビュー券も 3

    今夏開催『荒木飛呂彦原画展』チケット情報発表 グッズ付やプレビュー券も

  4. 『万引き家族』カンヌでパルムドール受賞、リリーや安藤サクラが喜び語る 4

    『万引き家族』カンヌでパルムドール受賞、リリーや安藤サクラが喜び語る

  5. 綾瀬はるかが人生初の「アルパカ姿」でセ・パ交流戦を応援 日本生命新CM 5

    綾瀬はるかが人生初の「アルパカ姿」でセ・パ交流戦を応援 日本生命新CM

  6. 大宮エリーが、ドラマ『13の理由』から思いの伝え方を考える 6

    大宮エリーが、ドラマ『13の理由』から思いの伝え方を考える

  7. 『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加 7

    『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加

  8. 『フジロック』第7弾でTHE AVALANCHES、PRINCESS NOKIA、CHAI、卓球ら9組 8

    『フジロック』第7弾でTHE AVALANCHES、PRINCESS NOKIA、CHAI、卓球ら9組

  9. 『JOIN ALIVE』第4弾でKICK、MONOEYES、でんぱ組、バンもんら11組追加 9

    『JOIN ALIVE』第4弾でKICK、MONOEYES、でんぱ組、バンもんら11組追加

  10. 『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎 10

    『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎