ニュース

『ヒロシマ賞』受賞記念展、暴力による死者を悼む『ドリス・サルセド展』

『第9回ヒロシマ賞』受賞を記念する展覧会『ドリス・サルセド展』が、10月13日まで広島・広島市現代美術館で開催されている。

『ヒロシマ賞』は、現代美術の分野で人類の平和に貢献した作家の業績を顕彰し、世界の恒久平和を希求する「ヒロシマの心」を広く世界に伝えることを目的として設置。世界各地のアーティストを対象に、3年に1度授与されている。

9回目となる今回の受賞者は、コロンビア出身のアーティスト、ドリス・サルセド。1958年生まれのサルセドは、1980年代後半から日常の家具や衣服などを彫刻として再生させながら、暴力による犠牲者の記憶を静かに訴える作品や、空間全体を死者を悼むための場に変容させるような大規模なインスタレーションを制作している。同展では、人類史上でも類を見ない大きな暴力がもたらした広島の悲劇を現代と結び付けながら、死の悼みを超え、再生への願いを込めた作品を展示している。なお、南米出身の作家が『ヒロシマ賞』を受賞するのは今回が初めてとなる。

イベント情報

『第9回ヒロシマ賞受賞記念 ドリス・サルセド展』

2014年7月19日(土)~10月13日(月・祝)
会場:広島県 広島市現代美術館
時間:10:00~17:00(10月12日、13日は19:00まで)
休館日:月曜(祝休日は開館し、翌日休館)
料金:一般1,030円 大学生720円 高校生・65歳以上510円

ドリス・サルセド『プレガリア・ムーダ』(部分)2008-2010年 Photo by Patrizia Tocci
ドリス・サルセド『プレガリア・ムーダ』(部分)2008-2010年 Photo by Patrizia Tocci
ドリス・サルセド『ア・フロール・デ・ピエル』(部分)2013年 Photo by Joerg Lohse
ドリス・サルセド『ア・フロール・デ・ピエル』(部分)2013年 Photo by Joerg Lohse
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

MONO NO AWARE“東京”

一言で「東京」と言っても、いろんな場所があるし、そこに暮らす人の価値観や思想もさまざま。MONO NO AWAREの新作より、玉置周啓と加藤成順の故郷・八丈島(ここも東京)をドキュメンタリータッチに切り取った“東京”のPVが公開。<みんながみんな 幸せになる方法などない><無理くり手をつないでも 足並みなどそろわない>という歌い出しにハッとさせられる。私とあなたの違いを「受け入れる」のではなく、その違いをもっとポジティブに捉える思考の転換が僕らには必要なのかもしれないですね。これ、マジの名曲です。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く