ニュース

宇宙や科学をテーマに活動する仏作家ヴァンサン・フルニエ展、写真や3D彫刻など紹介

ヴァンサン・フルニエの個展『ARCHEOLOGY OF THE FUTURE―未来の考古学』が、8月22日から東京・渋谷のDIESEL ART GALLERYで開催される。

1970年生まれのヴァンサン・フルニエは、パリを拠点に、宇宙、ロボット、遺伝子操作といったといった科学やテクノロジーをテーマにした作品制作を続ける写真家・映像作家。これまでにイタリアのMASTファウンデーションや、フランスのLVMH ルイ・ヴィトン・ファウンデーションに作品が収蔵され、2008年には『カンヌ国際広告フェスティバル』で銅獅子プレス賞を受賞した。さらに、様々な雑誌の表紙や映画『アメイジング・スパイダーマン2』の劇中に作品が使われていることでも注目を集めている。

同展は『SPACE PROJECT』『POST NATURAL HISTORY』『THE MAN MACHINE』の3シリーズで構成され、写真作品や映像、3D彫刻など30点以上の作品を展示。2007年にスタートした代表作の『SPACE PROJECT』は、宇宙飛行士訓練センターや宇宙基地など宇宙開発に関連する場所を様々な形で演出し、人類に共通する夢とフルニエ自身の憧れを表現する。日本初公開の『POST NATURAL HISTORY』では、環境の変化に対応するために人間に遺伝子組み換えされた、未来の「新種の生物」を百科事典の図版形式で紹介。『THE MAN MACHINE』では、ロボットが人間のように日常生活の一場面に登場する様子を捉え、魅力的に感じられるテクノロジーの発展と、それによって生じる疑問を投げかける。

また、会場では作品や作品集の販売も行われるほか、8月23日にはフルニエのサイン会も開催。さらに、8月27日からは東京・伊勢丹新宿店本館2階センターパーク/ザ・ステージ#2に、同展では未発表の作品が展示される。

イベント情報

ヴァンサン・フルニエ
『ARCHEOLOGY OF THE FUTURE―未来の考古学』

2014年8月22日(金)~11月14日(金)
会場:東京都 渋谷 DIESEL ART GALLERY
時間:11:30~21:00
休館日:不定休
料金:無料

サイン会
2014年8月23日(土)16:00~18:00
会場:東京都 渋谷 DIESEL ART GALLERY
※会場で書籍・ポスターを購入された方が対象

作品展示
2014年8月27日(水)~9月2日(火)
会場:東京都 新宿 伊勢丹新宿店 本館2階 センターパーク/ザ・ステージ#2

©Vincent Fournier - SOKOL KV2 Space Suit, KAZBEK seat from a Soyuz rocket, Warehouse, London, United Kingdom, 2009.
©Vincent Fournier - SOKOL KV2 Space Suit, KAZBEK seat from a Soyuz rocket, Warehouse, London, United Kingdom, 2009.
©Vincent Fournier, Hydrolab Training, I.S.S., Yuri Gagarin Cosmonaut Training Center [GCTC], Star City, Zvyozdny gorodok, Russia, 2007.
©Vincent Fournier, Hydrolab Training, I.S.S., Yuri Gagarin Cosmonaut Training Center [GCTC], Star City, Zvyozdny gorodok, Russia, 2007.
©Vincent Fournier,  Sokol Space Glove, Yuri Gagarin Cosmonaut Training Center [GCTC], Star City, Zvyozdny Gorodok, Russia, 2007.
©Vincent Fournier, Sokol Space Glove, Yuri Gagarin Cosmonaut Training Center [GCTC], Star City, Zvyozdny Gorodok, Russia, 2007.
©Vincent Fournier,  DRAGONFLY [Chloromgonfus detectis] Volatile inorganic-sensitive animal.
©Vincent Fournier, DRAGONFLY [Chloromgonfus detectis] Volatile inorganic-sensitive animal.
©Vincent Fournier,  GREAT GREY OWL [Strix predatoris] Predator-resistant feathers.
©Vincent Fournier, GREAT GREY OWL [Strix predatoris] Predator-resistant feathers.
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年