ニュース

英広告賞『D&AD Awards』年鑑製作メンバーにライゾマティクス、日本人の参加は初

イギリスのデザイン・広告賞『D&AD Awards』の受賞作品から約2000点を集めた公式受賞年鑑『D&AD14』の製作メンバーに、ライゾマティクス参加していることがわかった。同年鑑の製作メンバーに日本人が参加するのは初となる。

1963年にイギリスで創設された『D&AD Awards』は、審査の厳しさから世界でもっとも受賞が困難なデザインおよび広告賞として知られるアワード。同賞のシンボルは「イエロー・ペンシル」として知られており、最高賞である「ブラック・ペンシル」は、該当作品がない年もあるほど厳正な審査を経て選ばれている。

年鑑の製作にはこれまでにピーター・サヴィル、ボブ&ロベルタ・スミス、ネヴィル・ブロディ、ピーター・ブレイクらが関わっており、広告およびにデザイン業界において「目指すべきガイドライン」として機能しているという。今年はライゾマティクスをはじめ、シドニーを拠点に活動するパフォーミングアート集団「The Kingpins」の「Techa Noble and Emma Price」、ブラジルで最大規模とされる出版社Cosac Naifyでブックデザイナーとして活動するElaine Ramoss、インド発信のデザインアワード『Kyoorius Design Award』で優秀賞を獲得したデザイン集団「Codesign」、2011年に設立されたベトナムのマルチクリエイティブエージェンシー「Rice Creative」が製作メンバーに名を連ねている。同年鑑は9月にロンドンで開催される『ロンドンデザインウィーク』で一般披露される。

今年の年鑑のディレクションを務めるローラ・ジョーダン・バンバックは「D&ADのプレジデントを務めたこの1年間のうち、世界中のデザイン、クリエイティブコミュニティーを訪れ、沢山の人に会ってきました。多くの作品に出会うだけでなく、その都市、コミュニティにおいてデザインが意味するものとは何かを学びました。そこで、今回の年鑑はこれまでのような西洋/白人/中流階級者/男性によるクリエイティブから離れ、この業界のアプローチを変えるような、新しいデザインの波を起こしたいと思い製作に取り組みました」と製作について語っている。

『D&AD14』はオンラインショップから購入が可能になる予定。発行部数は3000部となる。

『D&AD14』表紙
『D&AD14』表紙
ライゾマティクス作品画像(参考画像)
ライゾマティクス作品画像(参考画像)
ライゾマティクス作品画像(参考画像)
ライゾマティクス作品画像(参考画像)
ライゾマティクス作品画像(参考画像)
ライゾマティクス作品画像(参考画像)
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー