ニュース

アピチャッポン・ウィーラセタクン個展『FIREWORKS(ARCHIVES)』、記憶と光を探求

アピチャッポン・ウィーラセタクンの個展『FIREWORKS (ARCHIVES)』が、9月11日から東京・谷中のSCAI THE BATHHOUSEで開催される。

1970年にタイ・バンコクで生まれ、記憶や夢、社会問題などをテーマに作品の発表を続ける映像作家アピチャッポン・ウィーラセタクン。現代美術作家として、『ドクメンタ13』をはじめとする数々の国際展に参加しているほか、映画監督として2010年に『ブンミおじさんの森』を手掛け、『カンヌ国際映画際』最高賞のパルムドールを受賞した。

今回の展覧会では、夜に鳴り響く花火の断続的な音と光を通じて、記憶と光の関わりを追究するプロジェクト『Fireworks』を中心に展示。タイ東北地方の歴史、伝承、記録を参照しながら、これまでに取り組んできた夢や眠りといったテーマを扱う同プロジェクトは、現在ウィーラセタクンが制作中の映画『王の墓』に繋がっているという。

同プロジェクトの初作となる『Fireworks (Archives)』は、タイとラオスの国境に位置する町・ノンカイの彫刻庭園サラ・ケオクー寺院で撮影。開祖の思想を具象化したヒンズー教と仏教を融合した数多くの奇妙な動物像が、祝祭を暗示する花火に照らされている様子が映し出される。

ウィーラセタクンは同作について、「私が生まれ育ったタイ東北地方の寺院にある石像彫刻の記録であり、花火による一瞬の照射を受けて幻覚を引き起こす記憶の装置です。バンコクから離れ政治的にも抑圧された東北という不毛な土地が、日常のリアリティーから飛躍した夢へと人々を駆り立てる。抑圧はかずかずの抵抗を生みましたが、ここに現れる気まぐれな彫刻たちもそうした抵抗のひとつなのです。暗闇に照り出される野獣の彫刻たちが役者の姿と混ざり合い、この土地の荒廃と開放とを謳っています」と語っている。

イベント情報

アピチャッポン・ウィーラセタクン
『FIREWORKS (ARCHIVES)』

2014年9月11日(木)~10月4日(土)
会場:東京都 谷中 SCAI THE BATHHOUSE
時間:12:00~18:00
休廊日:日、月曜、祝日

オープニングレセプション
2014年9月11日(木)18:00~20:00
会場:東京都 谷中 SCAI THE BATHHOUSE

作家とのスカイプトーク
2014年9月11日(木)19:00~19:30(予定)
会場:東京都 谷中 SCAI THE BATHHOUSE
進行:吉岡憲彦(国際交流基金アジアセンター)
インタビュアー:石坂健治(『東京国際映画祭』「アジアの未来」プログラミングディレクター)

『Fireworks (Archives)』 2014年 ©Apichatpong Weerasethakul
『Fireworks (Archives)』 2014年 ©Apichatpong Weerasethakul
『The Vapor of Melancholy』2014年 ©Apichatpong Weerasethakul
『The Vapor of Melancholy』2014年 ©Apichatpong Weerasethakul
『Primates' Memories』2014年 ©Apichatpong Weerasethakul
『Primates' Memories』2014年 ©Apichatpong Weerasethakul
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー