ニュース

ホンマタカシ責任編集による『SWITCH』特集記事、荒木経惟の写真術を紐解く

ホンマタカシが責任編集を務める特集記事「荒木経惟のたのしい写真術 ホンマタカシのアラーキー・ワークショップ13講座」が、1月20日発売のカルチャー誌『SWITCH Vol.33 No.2』に掲載される。

ワークショップ形式で荒木経惟の写真術を紐解いていく同特集。冒頭にはこれまで400冊以上の写真集を刊行してきた荒木の原点となる1971年発表の写真集『センチメンタルな旅』のコンタクトシート全18枚を一挙に紹介する。さらに昨年末に荒木が入院していた際に撮影していた写真日記も掲載される。さらに同特集には、佐内正史、宇壽山貴久子、保坂健二朗、野口里佳、末井昭、南後由和、水野祐、大橋仁、レム・コールハース、HIROMIX、操上和美、ユルゲン・テラー、しまおまほ、ロバート・フランクが参加している。

なお同誌には、渋谷すばる+山下敦弘、染谷将太+前田敦子、椎名林檎、門脇麦、谷川俊太郎×下田昌克、浅田舞といった顔ぶれも登場する。

書籍情報

『SWITCH Vol.33 No.2』

2015年1月20日(火)発売
価格:1,080円(税込)
発行:スイッチ・パブリッシング

amazonで購入する

『SWITCH Vol.33 No.2』表紙
『SWITCH Vol.33 No.2』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで