ニュース

平山素子、シェイクスピア題材にした新作公演『POISON ~シェイクスピアを喰らう~』

平山素子の新作公演『POISON ~シェイクスピアを喰らう~』が、1月31日、2月1日に愛知・穂の国とよはし芸術劇場PLATで上演される。

ダンサーとしてだけではなく、近年は振付家としての活動の場も広げている平山。2006年にはボリショイ劇場バレエ団でソロ作品『Revelation』の振付をスヴェトラーナ・ザハロワに提供したほか、国内外のアートフェスティバルで作品を発表。シンクロナイズドスイミングやフィギュアスケートの日本代表選手の指導も担当している。

シェイクスピアの残した言葉や劇世界をモチーフにした『POISON ~シェイクスピアを喰らう~』には、シェイクスピア作品に多く参加経験をもつ河内大和と、金森譲率いるダンスカンパニー「Noism」で中心的な役割を担い、2013年の対談後も精力的に活動している宮河愛一郎、2012年の『トヨタ・コレオグラフィーアワード』のファイナリストで現在はフランスを拠点に活動する竹内梓が出演者に名を連ねている。チケットは現在発売中。

同公演は穂の国とよはし芸術劇場PLATによる新企画「ダンス・スペース」の第1弾として上演されるもの。平山と同劇場は2011年からワークショップなどの開催を通じて交流があったという。

イベント情報

穂の国とよはし芸術劇場PLATプロデュース<ダンス・スペース>
平山素子
『POISON ~シェイクスピアを喰らう~』

2015年1月31日(土)、2月1日(日)全2公演
会場:愛知県 穂の国とよはし芸術劇場PLAT アートスペース
振付・演出:平山素子
出演:
平山素子
河内大和
竹内梓
宮河愛一郎
料金:
一般3,000円 U24(24歳以下)1,500円 高校生以下1,000円
※各公演の終了後、平山素子ほか出演者によるトークあり

『POISON ~シェイクスピアを喰らう~』チラシビジュアル
『POISON ~シェイクスピアを喰らう~』チラシビジュアル
新国立劇場『Trip Triptych』より 写真:池上直哉
新国立劇場『Trip Triptych』より 写真:池上直哉
平山素子 写真:白鳥真太郎
平山素子 写真:白鳥真太郎
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 1

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  2. BiSHの熱気に、世間や会場キャパがようやく追いついてきた 2

    BiSHの熱気に、世間や会場キャパがようやく追いついてきた

  3. シム・ウンギョン×松坂桃李W主演『新聞記者』 権力に対峙する記者描く 3

    シム・ウンギョン×松坂桃李W主演『新聞記者』 権力に対峙する記者描く

  4. 神木隆之介×有村架純『フォルトゥナの瞳』主題歌はONE OK ROCK、新予告も 4

    神木隆之介×有村架純『フォルトゥナの瞳』主題歌はONE OK ROCK、新予告も

  5. MIYAVI vs KREVA vs 三浦大知が雨中でパフォーマンス“Rain Dance”PV公開 5

    MIYAVI vs KREVA vs 三浦大知が雨中でパフォーマンス“Rain Dance”PV公開

  6. 星野源の新AL特典映像『ニセ明と、仲間たち』に宮野真守&ハマ・オカモト 6

    星野源の新AL特典映像『ニセ明と、仲間たち』に宮野真守&ハマ・オカモト

  7. 深川麻衣×今泉力哉 お互いの「初恋」や「初挑戦」を語り合う 7

    深川麻衣×今泉力哉 お互いの「初恋」や「初挑戦」を語り合う

  8. 映画『惡の華』春日役に伊藤健太郎、仲村役に玉城ティナ 飯豊まりえも出演 8

    映画『惡の華』春日役に伊藤健太郎、仲村役に玉城ティナ 飯豊まりえも出演

  9. IZ*ONEが『FNS歌謡祭』で初歌唱 宮脇咲良ら擁する日韓合同グループ 9

    IZ*ONEが『FNS歌謡祭』で初歌唱 宮脇咲良ら擁する日韓合同グループ

  10. アカデミー映画博物館が2019年開館 宮崎駿の大規模展やチームラボの展示 10

    アカデミー映画博物館が2019年開館 宮崎駿の大規模展やチームラボの展示