ニュース

青山陽一のソロ25周年祝うオールタイムベスト、新曲含む2枚組

青山陽一のソロデビュー25周年を記念したベストアルバム『Quarter Century of Odrelism(1990-2015)』が、5月20日にリリースされる。

青山陽一は、GRANDFATHERS、the BM'sのメンバーとしても知られるシンガーソングライター、ギタリスト。ブラックミュージックとルーツロックをベースにしたサウンドで知られ、1990年に初のソロアルバムアルバム『Sing With The Blue Mountains』を発表した。

『Quarter Century of Odrelism (1990-2015)』は、青山自身が選曲、監修を行った2枚組のオールタイムベスト。DISC1には1998年のメジャーデビュー曲“最後はヌード”のアルバムバージョンをはじめ、青山がツアーバンドのギタリストを務める堀込泰行(ex.キリンジ)とのデュエット曲“4D Raven”など新たにマスタリングを施した全17曲、DISC2にはthe BM'sによって再録音された5曲と新曲“Freezer Bag”の全6曲がそれぞれ収録される。

リリース情報

青山陽一
『Quarter Century of Odrelism(1990-2015)』(2CD)

2015年5月20日(水)発売
価格:3,240円(税込)
PCD-18790/1

[DISC1]
1. ベッドが走る
2. Life Is Very Short
3. 怪しげな恋
4. Starlab
5. 休符を数えて生きるのは
6. IKO IKO IKO
7. Black Taxi
8. 4D Raven
9. Los Angeles
10. 最後はヌード
11. Just One Note
12. 水に浮かぶダンス
13. 電波組曲
14. 地底へGO
15. 月曜のバラッド
16. Empty Song
17. 難破船のセイラー
[DISC2]
1. Vampire
2. Come And Go
3. Seven Deadlines
4. Freezer Bag
5. Million Miles Long Hair
6. God Press You

amazonで購入する

青山陽一『Quarter Century of Odrelism(1990-2015)』ジャケット
青山陽一『Quarter Century of Odrelism(1990-2015)』ジャケット
青山陽一
青山陽一
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像