ニュース

マキタスポーツが日本コロムビアと契約、大森靖子作詞のシングルを発表

マキタスポーツが日本コロムビアと契約したことがわかった。

独自の音楽分析にもとづく「ヒット曲の法則」を様々なテレビ番組などで披露し、著書『すべてのJ-POPはパクリである。現代ポップス論考』を発表しているほか、「マキタ学級」名義でのアルバムリリースや、俳優としてドラマや映画に出演するなど、幅広く活動するマキタスポーツ。日本コロムビアとの契約によって、音楽活動により力をいれていくという。

日本コロムビアからのリリース第1弾として、6月17日にマキタスポーツが率いるビジュアル系バンド「マキタスポーツ presents Fly or Die」のシングル『あいしてみやがれ』が配信リリース。タイトル曲は、現在BSスカパー!で放送中のマキタスポーツ主演ドラマ『PANIC IN』の主題歌で、「孤独な男の愛」をテーマに、大森靖子が作詞を担当している。さらに同バンドは2016年1月に1stアルバムのリリースを予定しているとのこと。

マキタスポーツのコメント

マキタスポーツは今、マキタスポーツ史上、最高のマキタスポーツの状態にある。ちょうど、アングラでやることに飽き飽きしてきて、より多くの人に聴いてもらいたいと思ってたところなのだった。何故なら「俺の音楽は最高」だからである。長いライブ活動のなかで、唯一やってこなかったこと、それは「売れる」ことだ。こんな自信満々なウットリおじさんに声をかけたのだから、日本コロムビアさんには覚悟をしておいてもらいたいと思っている。
ふつつか者ですが、よろしくお願いします。とにかく「俺の音楽は最高」ですから!

リリース情報

マキタスポーツ presents Fly or Die
『あいしてみやがれ』

2015年6月17日(水)から配信リリース

番組情報

『PANIC IN』

2015年4月10日(金)から毎週金曜21:00にBSスカパー!で放送中
出演:
マキタスポーツ
ほか

マキタスポーツ
マキタスポーツ
マキタスポーツ presents Fly or Die
マキタスポーツ presents Fly or Die
マキタスポーツ presents Fly or Die『あいしてみやがれ』ジャケット
マキタスポーツ presents Fly or Die『あいしてみやがれ』ジャケット
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年