ニュース

山下敦弘監督が佐藤泰志の小説『オーバー・フェンス』を映画化

映画『オーバー・フェンス』が、2016年に東京・テアトル新宿ほか全国で公開される。

同作は、1990年に逝去した佐藤泰志が小説を諦めかけていた頃に北海道・函館の職業訓練校で過ごした日々をもとに執筆し、1985年に『芥川龍之介賞』の候補になった同名小説が原作。「共に生きる」をテーマに、「幸せの意味を知らない男」と「鳥になりたいと願う女」の恋愛模様を描く。なお、同作は函館や函館をモデルにした街を舞台にした熊切和嘉監督『海炭市叙景』、呉美保監督『そこのみにて光輝く』に続く、佐藤作品の映画化となる。

監督を務めるのは、2月に新作映画『味園ユニバース』が公開された山下敦弘。脚本は『そこのみにて光輝く』などの高田亮が手掛け、撮影は『天然コケッコー』『マイ・バック・ページ』といった山下監督作品や、『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』を手掛けた近藤龍人が担当する。キャストなどの詳細は後日発表される。

山下敦弘監督のコメント

作家、佐藤泰志の『オーバー・フェンス』を映画化する。映画は空っぽになってしまった一人の男と求愛し続ける女の話でもあるし、函館の職業訓練校に生きる無職の男たちの話でもあるし、もしかしたら若くして死んでしまった佐藤泰志自身の話になるのかもしれない…というか“話”に固執せず、その瞬間を生きている人間たちの映画にしたいと思う。そうすれば自ずと僕自身の話になるし、観ているあなたの話になっていくのではないかと思う。『オーバー・フェンス』というタイトルが示す通り見えないけどそこにある何かを越えていく映画にしたい。

イベント情報

『オーバー・フェンス』

2016年にテアトル新宿ほか全国で公開
監督:山下敦弘
脚本:高田亮
配給:東京テアトル、函館シネマアイリス

山下敦弘 ©Kiyoe Akechi
山下敦弘 ©Kiyoe Akechi
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像