ニュース

宮藤官九郎×長瀬智也が5年ぶりタッグ、神木隆之介が地獄に落ちる新作映画

宮藤官九郎監督、脚本の新作映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』が、2016年2月に全国で公開される。

宮藤が監督と脚本を手掛ける映画としては、2013年公開の『中学生円山』以来の作品となる同作。修学旅行中に不慮の事故に遭って地獄に落ちた平凡な高校生・大助が、地獄農業高校の軽音楽部顧問でロックバンド「地獄図」を率いる赤鬼・キラーKの特訓を受け、片想い中のクラスメイト・ひろ美に告白したい一心で地獄からの生還を目指す様を描く。

地獄図のボーカルとギターを務めるキラーKを演じるのは、2005年公開の宮藤の初監督作『真夜中の弥次さん喜多さん』や、宮藤が脚本を手掛けたドラマ『池袋ウエストゲートパーク』『タイガー&ドラゴン』『うぬぼれ刑事』で主演を務めた長瀬智也。2010年の『うぬぼれ刑事』以来、約5年ぶりの宮藤作品への主演となる。長瀬は同作で特殊メイクを施して「赤鬼」に変身するほか、劇中では地獄図によるオリジナル楽曲も披露されるという。

また、地獄で奮闘する大助役には神木隆之介をキャスティング。神木もギターを特訓し、地獄図の一員として劇中で演奏や歌声を披露するとのこと。なお同作は5月中旬に都内でクランクイン。年内の完成を予定している。

宮藤官九郎のコメント

高齢化社会だし、自分もいつか死ぬし「死ぬのが怖くなくなる映画」を作りたいと思ったのが発端です。意気込みは特にございません。四作目ですからはしゃがず、気取らず、意気込まず、長瀬くん、神木くん、みなさんの魅力を撮りこぼさないよう細心の注意をはらうのみです。すいません。忙しいのでこのへんで。

長瀬智也のコメント

宮藤(官九郎)監督とは以前、音楽を題材にした作品をやりたいという話をしたことがあったので、今回の企画は待っていました!という感じでした。
“ロック”には怖いイメージがあるけれど、本当は笑えるところもある。地獄や鬼という設定はトリッキーでも、実はそこに深いメッセージが隠されている。
ロックの素晴らしいところが凝縮された作品にしたいと思いますし、このような作品に出会わせてくださった宮藤監督とスタッフの皆さんに本当に感謝しています!
赤鬼・キラーKの扮装は、パッと見るだけでは、僕だとわからないんじゃないかな。衣装も音楽もとてもカッコいいので、期待してください。
(神木)隆之介くんは、素晴らしい役者になったと再会して思いました。自分にない彼のさわやかで真っ直ぐなところと、交わり合って化学反応がおきれば良いなと思っています。
15年ぶりに、もう一回ぶつかり合えることを楽しみにしています。
後にも先にもない作品だと思うので、自分も勿論ですが全ての出演者と関係者にとって代表作となるよう思い切ってやらせて頂きます。

神木隆之介のコメント

宮藤監督の作品に参加できて、とても嬉しいけれど緊張感もあります。脚本を読みながら、ずっと笑っていました。
大助を演じるにあたっては、一生懸命まじめに、ダサくなりたいと思います。ギターは中学・高校の時、時々弾いていたのですが、今回本格的に練習しました。プレッシャーを感じますが、頑張ります。
長瀬(智也)さんとの共演は小学校3年生の時以来です。当時の優しいお兄ちゃんという印象から変わらないですが、自分も大人になりどんな風に関係性を作っていけるのかとても楽しみです。
笑いが絶えない現場にして、観てくださる方にその楽しさが伝わればと思います。くだらないことに一生懸命でそれが笑えるけれど、最後には笑顔のまま涙が出てくるような温かい映画にしたいと思います。

※劇中シーンの一部が長野・軽井沢町で起きたバス転落事故を想起させる可能性があることから公開延期が発表されました(2016年1月20日追記)。
※6月25日に公開されることが発表されました(2016年3月29日追記)。

作品情報

『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』

2016年6月25日(土)から全国公開
監督・脚本:宮藤官九郎
出演:
長瀬智也
神木隆之介
配給:東宝=アスミック・エース

左から宮藤官九郎、神木隆之介 ©2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation
左から宮藤官九郎、神木隆之介 ©2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像