ニュース

若手俳優陣×新鋭・中村祐太郎監督、都会の青春群像劇『太陽を掴め』

『太陽を掴め』 ©2016 UNDERDOG FILMS
『太陽を掴め』 ©2016 UNDERDOG FILMS

映画『太陽を掴め』が2017年に公開予定。本日5月20日から公開に向けた資金の募集がクラウドファンディングプラットフォーム「Motion Gallery」でスタートした。

同作は、多摩美術大学の卒業制作として制作した『雲の屑』で、『第27回東京学生映画祭』のグランプリと観客賞を受賞した1990年生まれの中村祐太郎監督による新作。元子役で現在は歌手のヤット、ミュージシャンらの撮影をしている写真家のタクマ、タクマの元恋人・ユミカら都会に生きる若者たちを描く青春群像劇となる。

ユミカに想いを寄せる一方で、タクマの義理の母と愛人関係にあるヤット役を演じるのは『いいにおいのする映画』や、ぼくのりりっくのぼうよみのPVなどに出演している吉村界人。ヤットの高校時代からの友人・タクマ役を浅香航大、ユミカ役を岸井ゆきのが演じる。脚本は中村監督のこれまでの作品でもタッグを組んでいる木村暉との共同脚本。撮影は渋谷と中村の地元である大森、平和島周辺で行なわれ、すでに終了している。

クラウドファンディングでの資金募集は9月12日まで実施。金額に応じた支援のリターンには、製本済み台本、中村監督の特集上映のフリーパス、サイン入りポスターのプレゼントや、監督と行くロケ地ツアー、エンドロールへのクレジットといった特典が用意されている。集まった資金は、ポストプロダクションに伴う編集費や、劇場公開に向けた宣伝・配給費用などに充てられる。なおクラウドファンディングのプロジェクトページには、松江哲明、斎藤工が同作に寄せた応援コメントが掲載されている。

作品情報

『太陽を掴め』

2017年公開予定

監督:中村祐太郎
脚本:中村祐太郎、木村暉
出演:
吉村界人
浅香航大
岸井ゆきの
三浦萌
森優作
ほか
配給:UNDERDOG FILMS

『太陽を掴め』 ©2016 UNDERDOG FILMS
『太陽を掴め』 ©2016 UNDERDOG FILMS
『太陽を掴め』 ©2016 UNDERDOG FILMS
『太陽を掴め』 ©2016 UNDERDOG FILMS
『太陽を掴め』ロゴ ©2016 UNDERDOG FILMS
『太陽を掴め』ロゴ ©2016 UNDERDOG FILMS
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年