ニュース

『草間彌生 わが永遠の魂』展、最新絵画シリーズ約130点を日本初公開

『草間彌生 わが永遠の魂』展が2017年2月22日から東京・六本木の国立新美術館で開催される。

1950年代にニューヨークに渡って以降、絵画、彫刻、インスタレーション、映像、小説、詩など幅広い表現活動を続けている草間彌生。今年で87歳を迎えた。

『草間彌生 わが永遠の魂』展では、2009年から現在も草間が取り組んでいる大型絵画シリーズ『わが永遠の魂』から約130点を日本初公開。さらに未発表作品や水玉をモチーフとした作品、『ネット・ペインティング』『ミラー・ルーム』などの代表作を織り交ぜながら、初期から現在までの草間の創作活動の軌跡を辿る。

また屋外展示場には「水玉ガーデン」が出現。中に入ることができる『南瓜』など、水玉柄の彫刻が展示される。

イベント情報

『草間彌生 わが永遠の魂』

2017年2月22日(水)~5月22日(月)
会場:東京都 六本木 国立新美術館 企画展示室 1E

時間:10:00~18:00(金曜は20:00まで、最終入場は閉館の30分前)
休館日:火曜(5月2日は開館)
料金:一般1,600円 大学生1,200円 高校生800円

『草間彌生 わが永遠の魂』チラシビジュアル
『草間彌生 わが永遠の魂』チラシビジュアル
草間彌生『わが永遠の魂』シリーズより『いまわしい戦争のあとでは幸福で心が一杯になるばかり』 ©YAYOI KUSAMA
草間彌生『わが永遠の魂』シリーズより『いまわしい戦争のあとでは幸福で心が一杯になるばかり』 ©YAYOI KUSAMA
草間彌生『わが永遠の魂』シリーズより『しのびがたい愛の行方』 ©YAYOI KUSAMA
草間彌生『わが永遠の魂』シリーズより『しのびがたい愛の行方』 ©YAYOI KUSAMA
草間彌生『わが永遠の魂』シリーズより『タイトル未定』 ©YAYOI KUSAMA
草間彌生『わが永遠の魂』シリーズより『タイトル未定』 ©YAYOI KUSAMA
草間彌生『わが永遠の魂』シリーズより『うれいのごとく くれないの 赤きくちびる おしあてて あつきなみだを ながせども あゝ 春はゆく 春はゆく』 ©YAYOI KUSAMA
草間彌生『わが永遠の魂』シリーズより『うれいのごとく くれないの 赤きくちびる おしあてて あつきなみだを ながせども あゝ 春はゆく 春はゆく』 ©YAYOI KUSAMA
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)