ニュース

星野源の新刊『いのちの車窓から』3月刊行、『逃げ恥』撮影の裏側も綴る

星野源の新刊『いのちの車窓から』が、3月30日に刊行される。

本日12月20日に出演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』が最終回を迎える星野。『いのちの車窓から』は雑誌『ダ・ヴィンチ』で2014年から連載されている同名エッセイを書籍化したもの。新たな書き下ろしも加えられており、『逃げるは恥だが役に立つ』撮影現場のエピソードや、念願だったという『NHK紅白歌合戦』への出場について、楽曲“SUN”“恋”の制作の裏側、さらに別人としてTwitterを使用していたエピソードなどが綴られている。

星野源のコメント

星野源のエッセイ集が3月に発売になります。自分の中で、年々書くことが楽しくなってきていて、その最中に生まれた文章が一冊にまとまると思うと、とても嬉しいです。『いのちの車窓から』には、この2年間自分が見つめてきた景色と、それによって心が動いた瞬間の両方が詰まっています。言葉にできない想いを言葉にする為に向き合う文筆の作業は、とても面白いです。是非読んでいただきたいです。よろしくお願いします。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

冠木佐和子『夏のゲロは冬の肴』

『アヌシー国際アニメーション映画祭』学生部門で審査員賞に輝いた『夏のゲロは冬の肴』。ビビッドな色使いと繰り返される嘔吐音が印象的な(けれどなぜか愛らしい)アニメはもちろん、受賞の際にステージで「I wanna fuck everyone.」とスピーチしたという90年生まれの監督・冠木佐和子にも注目。仲條正義の『忘れちゃってEASY 思い出してCRAZY』展を思い出させるタイトルも好み。(井戸沼)