ニュース

『It's a Sony展』パート2が本日スタート 「未来」テーマの空間を展開

『「It's a Sony展」Part-2』ビジュアル
『「It's a Sony展」Part-2』ビジュアル

『「It's a Sony展」Part-2』が本日2月22日から東京・銀座のソニービルで開催されている。

『It's a Sony展』は、4月に予定されているソニービルの建て替えに先立ち、ソニービルの50年の歴史や今後について紹介する展覧会。昨年11月から行なわれた「Part-1」は「歴史」をテーマに掲げ、ソニー創業の1946年から生み出された数多くの商品を当時の広告などと共に展示し、のべ約96万人の来場者を記録した。

「Part-2」では「未来」をテーマに据え、インスタレーションやライブ、トークショーなどのイベントを展開。2018年夏にオープン予定の銀座ソニーパークのコンセプト「街に開かれた施設」を体現した「都会の真ん中のパーク」を体感できる空間が作り出される。

会場の1階から4階までのフロアには人工芝が敷き詰められるほか、ソニービル特有の花びら構造を利用したウォールアートを2階から4階の壁面を使って展開。さらに階段に沿って4階から2階まで連なる長さ約34メートルの「パークの木琴」も登場する。会期中のイベントの詳細はソニービルのオフィシャルサイトをチェックしよう。

「パークの木琴」
「パークの木琴」
『「It's a Sony展」Part-2』会場風景
『「It's a Sony展」Part-2』会場風景
『「It's a Sony展」Part-2』会場風景
『「It's a Sony展」Part-2』会場風景
「パークの木琴」
「パークの木琴」
画像を拡大する(16枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス “Tシャツ”

6月にストリーミング配信オンリーでリリースされたアルバム『Popcorn Ballads』から“Tシャツ”のPVが公開。約1分のロックチューンに合わせた、スピード感ある清々しい映像。劇中で強制着用させられる「サニーデイサービス」TシャツはROSE RECORDSのオンラインショップで予約販売中。曽我部恵一の愛犬・コハルちゃんが送る眼差し、においを嗅ぐ姿に悶絶。(川浦)