ニュース

世界のポルノ現場を撮影 性産業と人々の関係を考察するS・エブラード展

ソフィ・エブラード作品
ソフィ・エブラード作品

ソフィ・エブラードの個展『It's Just Love』が、4月15日から京都のFRANK WORK STUDIOで開催される。

1976年にフランスで生まれ、イギリス・ロンドン、オランダ・アムステルダムを拠点に活動する写真家のソフィ・エブラード。コマーシャルフォトグラファーとしての活動に加えて、近年はスラム街や若者を被写体とした作品をヨーロッパ中心に発表している。

エブラードにとって日本では初の個展となる同展は、『KG+ KYOTOGRAPHIE サテライトイベント』の一環として開催。スコットランド出身のポルノ映画監督ガズマンに密着取材し、4年間にわたって世界中の撮影現場を収めた作品『It's Just Love』を紹介する。同作は、2015年にアムステルダムで行なわれた国際写真祭『Unseen Photo Fair』で展示された『It's Just Love』の再現となる。

初日の4月15日にはアーティストトークを開催。詳細は『KG+ KYOTOGRAPHIE』のオフィシャルサイトで確認しよう。

ソフィ・エブラード作品
ソフィ・エブラード作品
ソフィ・エブラード作品
ソフィ・エブラード作品
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)