ニュース

「自己構築」の作家A・クルズヴィエイガス 新作個展『水の三部作』

アブラハム・クルズヴィエイガス『Horizontes (Part 1 of 3)』2005, Acrylic enamel glossy pink paint and chalk-board green paint on 266 found objects, Dimensions variable, Courtesy of the artist and and kurimanzutto, Mexico City
アブラハム・クルズヴィエイガス『Horizontes (Part 1 of 3)』2005, Acrylic enamel glossy pink paint and chalk-board green paint on 266 found objects, Dimensions variable, Courtesy of the artist and and kurimanzutto, Mexico City

『「水の三部作 2」アブラハム・クルズヴィエイガス展』が、4月21日から東京・銀座メゾンエルメス フォーラムで開催される。

メキシコシティを拠点に活動するアブラハム・クルズヴィエイガスは、訪れた土地の素材を取り入れながら、石やダンボール、廃材、動物の排泄物、植物など、様々な素材を用いて制作を行なうアーティスト。「自己構築」を意味する「Autoconstruccion」という概念に基づき、場を解釈して即興的に制作する手法を用いている。これまでにイギリスのテートモダンやアメリカのウォーカーアートセンターなどで個展を行なったほか、『ドクメンタ』『ヴェネチア・ビエンナーレ』といった国際展にも参加している。

『水の三部作』は今年3か所で開催されるクルズヴィエイガスの一連の個展。東京での展示は第2章にあたる。日本で展開された建築運動「メタボリズム」やイサム・ノグチの家具にインスピレーションを受け、バックミンスター・フラーが提唱した「テンセグリティ」、フィボナッチ数といった構造概念を取り入れながら作られた新作インスタレーションを発表する。

アブラハム・クルズヴィエイガス『Self portrait as a childish junkie living at the corner of Orizaba and Zacatecas Streetsjust after WWII』2012, Plastic crates, iron wire, wooden cart/chair, ribbon, cotton string, wooden bow, huarache sandal, rubber, mango wood, 219×116×46.5cm, Courtesy of the artist and and kurimanzutto, Mexico City
アブラハム・クルズヴィエイガス『Self portrait as a childish junkie living at the corner of Orizaba and Zacatecas Streetsjust after WWII』2012, Plastic crates, iron wire, wooden cart/chair, ribbon, cotton string, wooden bow, huarache sandal, rubber, mango wood, 219×116×46.5cm, Courtesy of the artist and and kurimanzutto, Mexico City
アブラハム・クルズヴィエイガス『Empty Lot』2015, Mixed media, Dimensions variable, Photo: Andrew Dunkley ©TATE 2015 , Courtesy of the artist and and kurimanzutto, Mexico City
アブラハム・クルズヴィエイガス『Empty Lot』2015, Mixed media, Dimensions variable, Photo: Andrew Dunkley ©TATE 2015 , Courtesy of the artist and and kurimanzutto, Mexico City
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで