ニュース

電気グルーヴが7月にリキッドワンマン 『TROPICAL LOVE』インスト盤も

電気グルーヴのワンマンライブが7月18日に東京・恵比寿のLIQUIDROOMで開催される。

LIQUIDROOMの恵比寿移転13周年を記念するライブシリーズ『LIQUIDROOM 13th ANNIVERSARY』の一環で行なわれる同公演。ファンクラブ会員を対象にしたチケットの先行抽選予約が本日5月18日12:00からスタートする。

あわせて3月にリリースされた電気グルーヴのアルバム『TROPICAL LOVE』のインストゥルメンタルバージョンを収録した『TROPICAL LOVE LIGHTS』が、7月26日にリリースされることも発表。インストゥルメンタル楽曲の“ユーフォリック”は「Radio Edit」が収められる。

マスタリングは『TROPICAL LOVE』と同様にボー・コンドレンが担当。『TROPICAL LOVE』のジャケットを田中秀幸がリアレンジしたジャケットビジュアルも公開された

『LIQUIDROOM 13th ANNIVERSARY 電気グルーヴ』フライヤービジュアル
『LIQUIDROOM 13th ANNIVERSARY 電気グルーヴ』フライヤービジュアル
電気グルーヴ『TROPICAL LOVE LIGHTS』ジャケット
電気グルーヴ『TROPICAL LOVE LIGHTS』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)