ニュース

小田島等の中高時代の作品&近作を展示する『1987/2017』 画集の販売も

小田島等の個展『1987/2017』が、5月20日から東京・阿佐ヶ谷のvoidと高円寺のFAITHで開催される。

1972年に東京で生まれたデザイナーの小田島等。1995年からCDや広告、書籍装丁のアートディレクションなどを手掛けているほか、漫画家、イラストレーターとしても活動している。作品集に『ANONYMOUS POP』がある。

同展では、小田島が中高校生時代および近年に制作したドローイングやコラージュを紹介。会場では展示作品を収録した画集『1987/2017』の販売も行なわれる予定だ。画集の解説は夏目知幸(シャムキャッツ)、鈴木寛和が担当。

小田島等 画集『1987/2017』表紙
小田島等 画集『1987/2017』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Chara “Tiny Dancer”

<わたしが置いていくものは小さな態度><愛したことは真実>という印象的なフレーズとは裏腹にCharaのとびきり甘く優しい歌声が包み込む。満島ひかりとはとても不思議な女性で、「こども」と「おとな」を併せ持っているようだ。それはCharaも同じかもしれない。そんな二人が溶け合って惹かれあっているみたい。(川浦)