ニュース

小田島等の中高時代の作品&近作を展示する『1987/2017』 画集の販売も

小田島等の個展『1987/2017』が、5月20日から東京・阿佐ヶ谷のvoidと高円寺のFAITHで開催される。

1972年に東京で生まれたデザイナーの小田島等。1995年からCDや広告、書籍装丁のアートディレクションなどを手掛けているほか、漫画家、イラストレーターとしても活動している。作品集に『ANONYMOUS POP』がある。

同展では、小田島が中高校生時代および近年に制作したドローイングやコラージュを紹介。会場では展示作品を収録した画集『1987/2017』の販売も行なわれる予定だ。画集の解説は夏目知幸(シャムキャッツ)、鈴木寛和が担当。

小田島等 画集『1987/2017』表紙
小田島等 画集『1987/2017』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)