ニュース

トリュフォーが描く「愛の変遷」 オールナイト上映に遺作含む4作品

『恋のエチュード』 ©LES FILMS DU CARROSSE
『恋のエチュード』 ©LES FILMS DU CARROSSE

オールナイト上映企画『世界の映画作家Vol. 187 フランソワ・トリュフォー 愛の変遷』が、7月1日に東京・池袋の新文芸坐で開催される。

同イベントでは、フランソワ・トリュフォーの監督作品を特集。上映作品には、人生に絶望したピアニストがギャングの抗争に巻き込まれる様を描いた『ピアニストを撃て』、20世紀初頭のパリを舞台にイギリス人姉妹とフランス人の青年の愛と苦悩を描く『恋のエチュード』、女性の犯罪心理研究のために刑務所を訪れた社会学者が、サンプルにした女性の魅力に囚われていくコメディー『私のように美しい娘』、トリュフォーの遺作となった『日曜日が待ち遠しい!』の4本がラインナップしている。チケットは現在販売中。

『日曜日が待ち遠しい!』 ©LES FILMS DU CARROSSE
『日曜日が待ち遠しい!』 ©LES FILMS DU CARROSSE
『私のように美しい娘』 ©LES FILMS DU CARROSSE
『私のように美しい娘』 ©LES FILMS DU CARROSSE
『ピアニストを撃て』 ©LES FILMS DU CARROSSE
『ピアニストを撃て』 ©LES FILMS DU CARROSSE
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bunkamuraオーチャードホール ヴェルディ:オペラ『オテロ』(演奏会形式) 最新PR動画

映像演出にライゾマティクスリサーチを迎え、9月8日、10日と上演されるオペラ『オテロ』(演奏会形式)の最新動画。オーチャードホールの天井の高いオーチャードホールのシェルター型反響板の壁面全体に映し出されるのは指揮者アンドレア・バッティストーニの両腕から解析した映像。まさに「誰もみたことのない『オテロ』」が観られるはず。(宮原)