ニュース

ジャン=ピエール・メルヴィル生誕100周年展、資料など約200点超

ジャン=ピエール・メルヴィル『リスボン特急』の頃 ©1972 STUDIOCANAL
ジャン=ピエール・メルヴィル『リスボン特急』の頃 ©1972 STUDIOCANAL

展覧会『生誕100年 ジャン=ピエール・メルヴィル、暗黒映画の美』が12月10日まで東京・京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターで開催されている。

1917年に生まれ、1973年に逝去したフランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル。ヌーヴェルヴァーグの「精神的な父」と呼ばれ、代表作に『恐るべき子供たち』をはじめ、アラン・ドロン主演の『サムライ』『仁義』や、ジャン=ポール・ベルモンド主演の『いぬ』などがある。

同展は、ジャン=ピエール・メルヴィル監督の生誕100周年を記念して開催。ドキュメンタリー映画『コードネームはメルヴィル』の監督オリヴィエ・ボレールが収集してきた資料を中心に、世界各国の映画のポスターやプレス資料、撮影現場のスナップ写真、美術セットのデザイン画など200点以上を展示する。長編デビュー作『海の沈黙』から最終作『リスボン特急』までメルヴィルの仕事の変遷を辿ることができる構成となる。

会期中には、野崎歓、同展企画者のオリヴィエ・ボレール、小林政広監督がそれぞれ登壇するトークイベントを開催。また関連企画として、『第39回PFF(ぴあフィルムフェスティバル)』内で『生誕100年記念特集上映 何度でも!メルヴィル』、東京・飯田橋のアンスティチュ・フランセ東京で『ジャン=ピエール・メルヴィル生誕百年 関連上映・シンポジウム』、東京・角川シネマ新宿で『ジャン=ピエール・メルヴィル特集』などが行なわれる。

『恐るべき子供たち』オリジナルポスター(1950年)
『恐るべき子供たち』オリジナルポスター(1950年)
『賭博師ボブ』オリジナルポスター(1955年)
『賭博師ボブ』オリジナルポスター(1955年)
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業