ニュース

ダンサー伊藤郁女と彫刻家の父の再会、舞台『私は言葉を信じないので踊る』

『私は言葉を信じないので踊る』 ©Gregory Batardon
『私は言葉を信じないので踊る』 ©Gregory Batardon

伊藤郁女の舞台『私は言葉を信じないので踊る』が、7月21日と22日に埼玉・彩の国さいたま芸術劇場で上演される。

現在、フランス・パリの3つの市立劇場でレジデンスアーティストの契約をするなどヨーロッパで活動しているダンサー、振付家の伊藤郁女。2015年には『フランス芸術文化勲章』シュヴァリエを受勲した。

2015年の初演以来、これまでに40以上の都市で上演されてきた『私は言葉を信じないので踊る』。ヨーロッパと日本という何千キロメートルも離れたところで生きる伊藤と、伊藤の父で彫刻家の博史の再会を描く。出演者は伊藤郁女と伊藤博史。舞台美術は伊藤博史が手掛ける。チケットは現在販売中。

なお同公演は7月27日と28日に愛知・穂の国とよはし芸術劇場PLAT アートスペース、8月4日と5日に石川・金沢21世紀美術館 シアター21で上演される。

伊藤郁女のコメント

この作品は父と娘の関係を扱うものです。失ってしまったなにかを取り戻すために、父との関係をもう一度築きたいと思ったのです。芸術的でもあり人間的でもある、一つの出会い。ヨーロッパと日本という何千㎞も離れた所で生きる2人の、そしてある意味文化的な隔たりで離れてしまった2人が再会する物語です。

『私は言葉を信じないので踊る』 ©Gregory Batardon
『私は言葉を信じないので踊る』 ©Gregory Batardon
『私は言葉を信じないので踊る』 ©Gregory Batardon
『私は言葉を信じないので踊る』 ©Gregory Batardon
伊藤郁女 ©Gregory Batardon
伊藤郁女 ©Gregory Batardon
伊藤博史 ©Gregory Batardon
伊藤博史 ©Gregory Batardon
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い