特集 PR

w-inds.慶太が、自前PCで楽曲制作の方法を大公開。イベントレポ

w-inds.『100』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:タイコウクニヨシ 編集:川浦慧
2018/08/07
w-inds.慶太が、自前PCで楽曲制作の方法を大公開。イベントレポ

一つひとつの音を分解して聴き比べ“Drive All Night”を紐解いていく

イベントには慶太だけではなく、涼平と龍一も登壇。やや緊張気味の来場者を解そうと3人はオープニングでライブさながらのフリートークを展開した。慶太は「今回のメンバープロデュースイベントの中で僕の内容が一番マニアックなのでハズレだと思います(笑)。でも、途中退席はなしです」と自虐気味に笑いをとりつつ、講座をスタートさせた。

左から:緒方龍一、橘慶太、千葉涼平
左から:緒方龍一、橘慶太、千葉涼平

まず、スクリーン上に映し出された“Drive All Night”のセッションビューの見方を説明。縦軸のセクション(トラック)ごとに各パートのフレーズが打ち込まれており、それらが重なった音が横軸で左から右に流れることで1曲のオケになっていることをわかりやすく伝えるために、ドラムのスネアを単体で鳴らしてみる。スネアも2拍目と4拍目で2つの音色を使い分けているということ、またそこにキックが乗るのと乗らないのではこれだけノリに違いが出るということを実際に耳で確かめてもらう。

その後、ベースライン、エレクトリックギターのカッティングをそれぞれ鳴らすという具合にトラックの構造を解説した。続いて慶太は「個人的にこの曲の一番のお気に入りポイントなんですけど、誰も気づいてないと思う」と、サビの細やかなシンセフレーズを鳴らし「このシンセのリズムで疾走感を出しているんです」とポイントを語った。

スクリーン上に映し出された“Drive All Night”のセッションビューの見方を説明中
スクリーン上に映し出された“Drive All Night”のセッションビューの見方を説明中

左から:千葉涼平、緒方龍一
左から:千葉涼平、緒方龍一

慶太のトークテンポをキープするために涼平がいいタイミングで相槌を打ち、龍一は来場者の目線に立って「これはどういうことですか?」と慶太に質問する。このあたりはさすがのコンビネーションだった。来場者が強く反応していたのは、一定のコード進行で展開されていくこの曲が、実はアウトロでコードチェンジしていることを解説したときと、メインボーカルと左右に置いたオクターブ違いのコーラスを鳴らしたときだった。

w-inds.“Drive All Night”を聴く(Apple Musicはこちら

慶太が一番解説したかったと語る、“Temporary”に隠された音の工夫

続く“Temporary”では、主にシンセにかけるリバーブのバランス──リバーブをかけすぎると実音が聴こえなくなるということ、コード感を出すシンセと空間を埋める重層的に積んでいるシンセの役割などを解説。そしてドロップ前に入るパーカッションのフィルの「ポコパーン!」という響きにメンバーも来場者も異様にハマる展開に。こうして時間が経つにつれ会場のムードはリラックスしたものになり、慶太が「今日、これを一番解説したかった!」というサイドチェインの話へ。

慶太:(コンプレッサーで)サイドチェインをかけることで、キックの音が鳴っているときにシンセの音がヘコむようになっているんです。そうすることでキックが前に出てくる。実際にサイドチェインをかけないで鳴らしてみると、こうやってシンセの音にキックが埋もれてしまう。この違いはすごく大きいです。やっとみなさんに説明することができました(笑)。

 

w-inds. “Temporary”(Apple Musicはこちら

用意された1時間はあっという間に過ぎていき、来場者とのQ&Aコーナーを経てイベントは終了した。正直、慶太としては消化不足の感は否めないだろう。それでも、非常に意義深い時間だったと思う。

慶太:いやぁ、予想以上に難しかったですね。時間も足りなかった。初心者編では今日みたいに打ち込みを解説するというよりも、ミックス済のパラデータを解説したほうがよかったかもしれないですね。今日の教訓を活かしてまたチャレンジしたいです。

ツアー中にも制作するという慶太からどのような新しい楽曲が生まれるのか、それも楽しみだ。7月28日にはこんなツイートをポストしている。

w-inds.の音楽は、まだまだ、どんどん進化していく。

Page 2
前へ

イベント情報

『メンバープロデュースイベント「How to “100”」』
『慶太プロデュース!初心者から楽しめる「How to “100”」~アルバムができるまで~』

2018年7月15日(日)
会場:東京都 都内某所

『涼平プロデュース!リーダーから見た「How to “100”」~w-inds.がここにたどり着くまでの18年~』

2018年8月11日(土)
会場:福岡県 博多市内某所

『龍一プロデュース!「How to “100”」番外編~龍一の流儀~』

2018年8月26日(日)
会場:大阪府 大阪市内某所

『w-inds. LIVE TOUR 2018 “100”』

2018年8月12日(日)
会場:福岡県 福岡市民会館

2018年8月19日(日)
会場:神奈川県 神奈川県民ホール

2018年8月25日(土)
会場:愛知県 日本特殊陶業市民会館

2018年9月2日(日)
会場:埼玉県 大宮ソニックホール

2018年9月7日(金)
会場:東京都 東京国際フォーラム

リリース情報

w-inds.『100』通常盤
w-inds.
『100』通常盤(CD)

2018年7月4日(土)発売
価格:3,000円(税込)
PCCA-04683

1. Bring back the summer
2. Dirty Talk
3. Temporary
4. I missed you
5. Celebration
6. We Gotta Go
7. Time Has Gone
8. Stay Gold
9. The love
10. All my love is here for you
11. Drive All Night
12. Sugar

プロフィール

w-inds.
w-inds.(ういんず)

橘慶太、千葉涼平、緒方龍一からなる3人組ダンスボーカルユニット。2000年11月から毎週日曜日、代々木公園や渋谷の路上でストリートパフォーマンスを開始。2001年3月14日にシングル『Forever Memories』でデビュー。同年リリースされた1tアルバム『w-inds.~1st message~』はオリコンチャート1位を記録。これまでに日本レコード大賞 金賞7回、最優秀作品賞1回を受賞し、NHK紅白歌合戦には6回出場と、実力・人気を不動のものとした。その活躍は、台湾・香港・韓国・中国・ベトナムなど東南アジア全域に拡がり、海外でも数々の賞を受賞。台湾ではアルバム4作連続総合チャート1位を記録。日本人として初の快挙を達成。21世紀という新しい時代に日本を中心に、世界中へ新しい風を巻き起こし続けている、男性ダンスボーカルユニット―――それがw-inds.である。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Elephant Gym“Moonset- Live at Underwater World Tour In Japan”

一聴・一見すると繊細に織られたアンサンブルに柔和な印象を抱く。が、極太のベースがリズムとメロディの両方を引っ張っていく様は超アグレッシヴでもある。観客も含めて会場に漂う空気は一貫して緩やかなものでありながら、なによりも3音の鋭い合気道を存分に楽しめるライブ映像だ。ビルドアップした低音に歌心を置くスタイルはまさに今だし、音の余白も心地いい。ポップとエッジィの両極をあくまで愛嬌たっぷりに鳴らす台湾出身の3ピースバンド、その魅力を1カット1カットが十二分に伝えている。(矢島大地)

  1. 鹿野淳が語る、ロックフェスの信念と『VIVA LA ROCK』の真実 1

    鹿野淳が語る、ロックフェスの信念と『VIVA LA ROCK』の真実

  2. フォーリミGENが見据える次の闘い。ロックが自由であるために 2

    フォーリミGENが見据える次の闘い。ロックが自由であるために

  3. amazarashiが問う、芸術と社会の在り方。SIX本山敬一が伝える 3

    amazarashiが問う、芸術と社会の在り方。SIX本山敬一が伝える

  4. 田我流が語る、家族と生きるための闘い。クソな社会に音楽で抗う 4

    田我流が語る、家族と生きるための闘い。クソな社会に音楽で抗う

  5. 東京舞台『テラスハウス』新作の配信日決定、男女6人写すビジュアル公開 5

    東京舞台『テラスハウス』新作の配信日決定、男女6人写すビジュアル公開

  6. 家入レオ、葛藤を吐露。10代で成功したゆえの孤独、違和感、喜び 6

    家入レオ、葛藤を吐露。10代で成功したゆえの孤独、違和感、喜び

  7. フジファブリックが15年の歩みを語る 人生は不確かなことの連続 7

    フジファブリックが15年の歩みを語る 人生は不確かなことの連続

  8. NHK『The Covers大名曲選』にエレカシ、山下智久、グループ魂、吉井和哉ら 8

    NHK『The Covers大名曲選』にエレカシ、山下智久、グループ魂、吉井和哉ら

  9. 大友克洋×河村康輔 未来のイメージを作った人物シド・ミードとは 9

    大友克洋×河村康輔 未来のイメージを作った人物シド・ミードとは

  10. 阿部寛主演『結婚できない男』続編決定 前作から13年後、53歳の桑野を描く 10

    阿部寛主演『結婚できない男』続編決定 前作から13年後、53歳の桑野を描く