特集 PR

『アニッシュ・カプーア IN 別府』圧倒的な視覚体験をレポート

『アニッシュ・カプーア IN 別府』
テキスト
杉原環樹
編集:宮原朋之
『アニッシュ・カプーア IN 別府』圧倒的な視覚体験をレポート

(メイン画像:©Anish Kapoor / photo by Nobutada Omote / Courtesy of Mixed Bathing World Executive Committee)

国内では過去最大規模となる、待望のアニッシュ・カプーアの個展

数多くのアーティストからなる芸術祭が日本各地で開催されるなか、招聘作家を1組に絞り、その世界観を丹念に土地と結びつけることで異彩を放つ芸術祭がある。大分県の別府市を舞台に、2016年より毎年行われている『in BEPPU』だ。その第3弾として、現代のイギリスのみならず世界を代表するアーティスト、アニッシュ・カプーアを迎えた『アニッシュ・カプーア IN 別府』が、11月25日まで開催されている。

『アニッシュ・カプーア IN 別府』ロゴ / アートディレクション:田中義久
『アニッシュ・カプーア IN 別府』ロゴ / アートディレクション:田中義久(サイトを見る

インドに生まれ、ロンドンで活動するカプーアは、虚と実、物質と非物質のような両極的な概念を一挙に感じさせる作品で知られるアーティスト。2012年の『ロンドン五輪』では記念モニュメントを制作。2015年には、過去数名しか行なっていないヴェルサイユ宮殿での個展を果たした。日本では金沢21世紀美術館に常設されている、傾いた壁に無限の闇が続くような作品『L'Origine du monde(世界の起源)』で知る人も多いだろう。

アニッシュ・カプーア『L'Origine du monde(世界の起源)』(2004年)金沢21世紀美術館蔵 写真提供:金沢21世紀美術館 © Anish Kapoor
アニッシュ・カプーア『L'Origine du monde(世界の起源)』(2004年)金沢21世紀美術館蔵 写真提供:金沢21世紀美術館 © Anish Kapoor

そんなカプーアの国内では過去最大規模の「個展」でもある今回は、木々に囲まれた別府公園内に、新作や代表作を含む3つの作品やパビリオンが点在。カプーア作品と土地はどのように共鳴するのだろうか。開幕直後の現地を訪ねた。

別府公園に建てられたパビリオンで展開される、圧倒的な視覚体験

日本有数の温泉地、別府。この土地を初めて訪れた者の目をまず引くのは、街のすぐ奥まで迫った山の存在感。そして、山肌のあちこちから狼煙のように何本も上がる、湯けむりの姿かもしれない。別府湾を背にして市街地を眺めると、この街が山と海に包まれるようなかたちで存在し、大地の熱をいつもそばに感じながら暮らしを営んできたことが分かる。

そんな別府の「ヘソ」のような場所に、今回の舞台、別府公園はある。面積27ヘクタールを超える大きな公園で、雑木林と原っぱが広がる市民の憩いの場。温泉街らしい猥雑さも残る駅前の繁華街に比べると、対象的に静かな空間が広がっている。

さっそく、会場を歩いてみよう。公園の入口で受付を済ませると、観客は各所に設置された看板に従いながら、林の中の小道を縫うように進んでいく。しばらく行くと木々の隙間から姿を現わすのが、巨大な建築型の作品『Void Pavillion V』だ。

『Void Pavilion V』外観 ©Anish Kapoor / photo by Nobutada Omote / Courtesy of Mixed Bathing World Executive Committee
『Void Pavilion V』外観 ©Anish Kapoor / photo by Nobutada Omote / Courtesy of Mixed Bathing World Executive Committee

『Void Pavilion V』は、近年カプーアが取り組んでいるという建築と彫刻を一体化させたタイプの作品で、世界初公開。体験者は次第に把握することだが、建物には表と裏、2つの入り口がある。表から入ると、目の前の壁には深い奥行きを持つ穴のような、漆黒の円が。穴の底を見つめようとする視線は、しかし焦点を定めることができない。次の瞬間、その「穴」はまるで突出するように手前に飛び出してくる——。

『Void Pavilion V』内観 ©Anish Kapoor / photo by Nobutada Omote / Courtesy of Mixed Bathing World Executive Committee
『Void Pavilion V』内観 ©Anish Kapoor / photo by Nobutada Omote / Courtesy of Mixed Bathing World Executive Committee
『Void Pavilion V』内観 ©Anish Kapoor / photo by Nobutada Omote / Courtesy of Mixed Bathing World Executive Committee
『Void Pavilion V』内観 ©Anish Kapoor / photo by Nobutada Omote / Courtesy of Mixed Bathing World Executive Committee

そう、この深く黒い円は、先述した金沢21世紀美術館の常設作品『L'Origine du monde(世界の起源)』と同じ仕掛けを持つようだ。金沢の作品を筆者は何度も経験しているのだが、にも関わらず毎回色褪せない視覚の喜びがあるのが、カプーア作品の凄みだ。「これ、穴?」。そう呟きながら歩き回る周囲の観客の反応を楽しみながら外に出ると、建物の裏手にもうひとつの扉があり、入って驚いた。表側の室内にあった黒い円。その「裏側」にどんな光景が広がっているのか。これはぜひ、会場で体験してみてほしい。

『Void Pavilion V』内観 ©Anish Kapoor / photo by Nobutada Omote / Courtesy of Mixed Bathing World Executive Committee
『Void Pavilion V』内観 ©Anish Kapoor / photo by Nobutada Omote / Courtesy of Mixed Bathing World Executive Committee
Page 1
次へ

イベント情報

『アニッシュ・カプーア IN 別府』
『アニッシュ・カプーア IN 別府』

2018年10月6日(土)~11月25日(日)
会場:大分県 別府公園
時間:9:30~17:30(入場は閉場の30分前まで)
料金:
当日 一般1,200円 小中生500円
プレミアムパスポート5,000円
※障害者手帳所持者および介助者1名は無料

プロフィール

アニッシュ・カプーア

1954年インド・ムンバイ生まれ。ロンドン在住。ホーンシー・カレッジ・オブ・アート(1973~77年)の後、ロンドン・チェルシー・スクール・オブ・アート大学院(1977=78年)で学ぶ。近年の主な個展に、ヴェルサイユ宮殿(2015年)、『リヴァイアサン』グラン・パレ(パリ、2011年)、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ(ロンドン、2009年)など。恒久設置されたコミッション作品に、シカゴミレニアム・パークの『クラウド・ゲイト』(2004年)、ロンドンオリンピック・パークの『オービット』(2012年)、世界初の空気注入による可動式コンサートホール 『アーク・ノヴァ』(2013年)など。第44回ヴェネツィア・ビエンナーレ(1990年)ではイギリスを代表し、デュエミラ賞を受賞。1991年、ターナー賞受賞。2011年、高松宮殿下記念世界文化賞受賞。2013年、文化貢献に対してナイトの称号を授与される。2017年にはジェネシス賞を受賞。

山出淳也(やまいで じゅんや)

NPO法人 BEPPU PROJECT 代表理事 / アーティスト。1970年大分生まれ。PS1インターナショナルスタジオプログラム参加(2000~2001年)。文化庁在外研修員としてパリに滞在(2002~2004年)。アーティストとして参加した主な展覧会として「台北ビエンナーレ」台北市立美術館(2000~2001年)、『』GIFT OF HOPE年東京都現代美術館(2000~2001年)、『Exposition collective』Palais de Tokyo、パリ(2002年)など多数。帰国後、地域や多様な団体との連携による国際展開催を目指して、2005年にBEPPU PROJECTを立ち上げ現在にいたる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー