特集 PR

『NEWTOWN 2018』レポート 絶対に遊びきれないイベントの全貌

『NEWTOWN 2018』
テキスト
CINRA.NET編集部
撮影:相原瞬、上保昂大、鈴木渉、垂水佳菜
『NEWTOWN 2018』レポート 絶対に遊びきれないイベントの全貌

体育館:『NEWTOWNジャム・コンサート』

体育館では、『NEWTOWN』の目玉のひとつ、ライブ企画『NEWTOWNジャム・コンサート』が開催されました。曽我部恵一、七尾旅人、おとぎ話、Homecomings、クレモンティーヌ(フランスから参加!)をはじめ、CINRA.NETにゆかりの深いアーティストが、ライブハウスともコンサートホールとも違う特殊な空間を活かしたパフォーマンスを披露しました。

また、昨年は音楽室でパフォーマンスしたカネコアヤノや折坂悠太、ROTH BART BARONが、ひと回りもふた回りも存在感を増し、体育館のステージに登場したことも印象的でした。

1日目のトップはダンスカンパニー「新人Hソケリッサ!」から。音楽だけではなく、ダンス公演も行われた
1日目のトップはダンスカンパニー「新人Hソケリッサ!」から。音楽だけではなく、ダンス公演も行われた
クレモンティーヌ / フランスから急遽出演することが決定、ラインナップのなかでも一際目を引いた
クレモンティーヌ / フランスから急遽出演することが決定、ラインナップのなかでも一際目を引いた
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ / 初日、図工室でも弾き語りでパフォーマンスしたキイチビール、体育館ではバンドセットで出演
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ / 初日、図工室でも弾き語りでパフォーマンスしたキイチビール、体育館ではバンドセットで出演
寺尾紗穂 / あだち麗三郎をサポートに迎えて出演。元・小学校という環境も作用してか、素朴な歌声は一層感動的に響いた
寺尾紗穂 / あだち麗三郎をサポートに迎えて出演。元・小学校という環境も作用してか、素朴な歌声は一層感動的に響いた
阿部芙蓉美 / 『NEWTOWN』オリジナル企画で4年振りとなる新曲をレコードでリリース。しなやかな歌声が体育館を満たした
阿部芙蓉美 / 『NEWTOWN』オリジナル企画で4年振りとなる新曲をレコードでリリース。しなやかな歌声が体育館を満たした
柴田聡子 / 韓国のシンガーソングライター、イ・ランが飛び入りし、国境を跨いだ貴重なコラボパフォーマンスが実現した
柴田聡子 / 韓国のシンガーソングライター、イ・ランが飛び入りし、国境を跨いだ貴重なコラボパフォーマンスが実現した
ロロ×EMC / ファンにはおなじみの2組だが、ライブ自体はかなり貴重なもので2日を通じて大きな目玉となっていた
ロロ×EMC / ファンにはおなじみの2組だが、ライブ自体はかなり貴重なもので2日を通じて大きな目玉となっていた
おとぎ話 / 2年連続出演。「今年はもっと雰囲気に合った曲順で演奏できたらいいなと企んでます」との事前告知どおり、会場の空気にぴったりのパフォーマンスを披露
おとぎ話 / 2年連続出演。「今年はもっと雰囲気に合った曲順で演奏できたらいいなと企んでます」との事前告知どおり、会場の空気にぴったりのパフォーマンスを披露
七尾旅人 / 体育館という会場もあってか、少年時代の思いを掘り起こした楽曲も披露。子どもたちとパフォーマンスした名曲“Rollin’ Rollin’は、2日間を通じて一番のハイライトだった
七尾旅人 / 体育館という会場もあってか、少年時代の思いを掘り起こした楽曲も披露。子どもたちとパフォーマンスした名曲“Rollin’ Rollin’は、2日間を通じて一番のハイライトだった
TAPDANCE SHOWCASE / 2日目のトップバッター。タップダンサー中野目崇真キュレーションによるタップダンス公演
TAPDANCE SHOWCASE / 2日目のトップバッター。タップダンサー中野目崇真キュレーションによるタップダンス公演
ROTH BART BARON / 意欲作『HEX』リリース直後に登場、体育館の雰囲気も味方につけたパフォーマンスで魅了
ROTH BART BARON / 意欲作『HEX』リリース直後に登場、体育館の雰囲気も味方につけたパフォーマンスで魅了
眉村ちあき / 当日、会場を縦横無尽に駆け回り、初見のお客さんも巻き込んだパフォーマンスは2日間でもっとも印象的だった
眉村ちあき / 当日、会場を縦横無尽に駆け回り、初見のお客さんも巻き込んだパフォーマンスは2日間でもっとも印象的だった
betcover!! / 全17組中、最年少の出演者ながら、骨太で異色な存在感を放っていた
betcover!! / 全17組中、最年少の出演者ながら、骨太で異色な存在感を放っていた
カネコアヤノ / 全3回の『NEWTOWN』における、皆勤賞アーティスト。今年リリースの『祝祭』で支持を一挙に拡大、2日間で最大の集客を記録した
カネコアヤノ / 全3回の『NEWTOWN』における、皆勤賞アーティスト。今年リリースの『祝祭』で支持を一挙に拡大、2日間で最大の集客を記録した
折坂悠太(合奏) / 傑作『平成』リリース直後にフルセットで出演。超満員の観客を、総勢7名による豊かなアンサンブルで包み込んだ
折坂悠太(合奏) / 傑作『平成』リリース直後にフルセットで出演。超満員の観客を、総勢7名による豊かなアンサンブルで包み込んだ
曽我部恵一 / ギター1本と歌のみで、会場を震わす圧巻のパフォーマンスを披露。アンコールでは、会場脇にひっそりと佇むピアノを使った弾き語りも
曽我部恵一 / ギター1本と歌のみで、会場を震わす圧巻のパフォーマンスを披露。アンコールでは、会場脇にひっそりと佇むピアノを使った弾き語りも
Homecomings / クロージングアクトとして、2日間の締めくくりにふさわしい演奏をしてくれた。MCでは、イベントの終了を惜しむような言葉をこぼしていたのも印象的だった
Homecomings / クロージングアクトとして、2日間の締めくくりにふさわしい演奏をしてくれた。MCでは、イベントの終了を惜しむような言葉をこぼしていたのも印象的だった

ダンスカンパニー「新人Hソケリッサ!」によるパフォーマンス、「Swingroovy R crew」と「ナイル川漁業組合」の2チームによる『TAPDANCE SHOWCASE』、劇団「ロロ」とEnjoy Music Clubのコラボステージ、さらに古着やレコードの販売、地元・八王子に本社を置く手作りサンドイッチ「メルヘン」の限定販売など、地域に根ざしたカルチャーフェスティバルを謳う『NEWTOWN』ならではの内容に。

なお今年は、入場時に500円のパンフレットの提示が必要でしたが、一時は入場規制がかかりそうになるほど多くの方にお越しいただきました。

Page 3
前へ 次へ

イベント情報

『NEWTOWN 2018』
『NEWTOWN 2018』

日程:2018年11月10日(土)、11日(日)
会場:デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ(旧 八王子市立三本松小学校)
時間: START 10:30 CLOSE 19:00
料金:入場無料(一部プログラムは有料)

出演:
▼音楽ライブ(一部)
曽我部恵一、七尾旅人、Homecomings、カネコアヤノ、ロロ×EMC、阿部芙蓉美、おとぎ話、寺尾紗穂、柴田聡子、折坂悠太(合奏)、betcover!!、眉村ちあき、ROTH BART BARON、キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、入江陽、塩塚モエカ、清水煩悩、田中ヤコブ、TWEEDEES、国府達矢、SEVENTEEN AGAiN(アコースティックセット)、ナツノムジナ(アコースティックセット)、真舘晴子(The Wisely Brothers)、ミゾベリョウ&井上拓哉(odol)

▼トークやイベントプログラム参加(一部)
DÉ DÉ MOUSE、ホナガヨウコ、会田誠、エリイ(Chim↑Pom)、辛酸なめ子、鹿野淳(MUSICA)、加藤一陽(音楽ナタリー)、飯田仁一郎(OTOTOY)、田中宗一郎、宇野維正、柴那典、柳亭小痴楽、瀧川鯉八、春風亭昇々、玉川奈々福、、劇団子供鉅人、三浦直之(ロロ)、Mrs.fictions、小柳津林太郎(2代目バチェラー)、映画上映『勝手にふるえてろ』『サウダーヂ』、鳴海淳義(BuzzFeed Japan)、恩納力(Abema TV)、秋山佑太、石井友人、空族、キュンチョメ、中島晴矢、FABULOUZ、原田裕規、PERSISTENCE(新井五差路、百頭たけし、藤林悠)、細倉真弓 磯部涼、URG、佐野彰彦(それからデザイン)、偶然の学校、インフォバーン 新卒採用担当タクミ、僧侶 稲田ズイキ、前田隆弘、BOOK LAB TOKYO、『オルギア視聴覚室』

▼マーケット・似顔絵(一部)
牛木匡憲、大橋裕之、丹野杏香、とんぼせんせい、やばいちゃん、fancomi、北村人、小山健、寺本愛、堀道広、西山寛紀、わかる、otsukiyumi、VRANA、merry-mj、伝統茶{tabel}、PANAMA、雑貨店百水+コタニサツキ、MIN BAGGAGE、NŪTO、KiKOT、PLATFORM MARKET、canpachi、タナカレザー、tashiroa、ハルカゼフラワー、garden730、ラフイユ、salvia、チーム未完成、MUUTS、MANIKA、goodperson、H TOKYO、松本康孝、金さん銀さん、関川恵、いとうひでみ、WAQWAQ、Anemoi、fuwari

主催:NEWTOWN製作委員会
(CINRA, Inc.、デジタルハリウッド大学、DUM DUM LLP)
後援:八王子市、多摩市、京王電鉄
助成:公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 菅田将暉が語る、芸術文化への問題意識。米津らと共有する価値観 1

    菅田将暉が語る、芸術文化への問題意識。米津らと共有する価値観

  2. BTSの映画『BRING THE SOUL: THE MOVIE』予告編公開 上映館や前売情報も 2

    BTSの映画『BRING THE SOUL: THE MOVIE』予告編公開 上映館や前売情報も

  3. 『音楽の日』に三浦大知、嵐、IZ*ONE、欅坂46、椎名林檎、WANIMAら登場 3

    『音楽の日』に三浦大知、嵐、IZ*ONE、欅坂46、椎名林檎、WANIMAら登場

  4. 山田孝之「踏んづけて!」 AV監督村西とおるの半生描く『全裸監督』予告編 4

    山田孝之「踏んづけて!」 AV監督村西とおるの半生描く『全裸監督』予告編

  5. 米津玄師やあいみょんの映像を手掛ける山田智和、初個展『都市の記憶』開催 5

    米津玄師やあいみょんの映像を手掛ける山田智和、初個展『都市の記憶』開催

  6. ハイバイ岩井秀人が語る演劇と小金井 23区外が持つオルタナ精神 6

    ハイバイ岩井秀人が語る演劇と小金井 23区外が持つオルタナ精神

  7. 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』場面カット公開、新キャラ登場 7

    『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』場面カット公開、新キャラ登場

  8. サカナクション“モス”PV公開、深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』主題歌 8

    サカナクション“モス”PV公開、深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』主題歌

  9. 「うんこミュージアム TOKYO」お台場に8月オープン、テーマ曲はtofubeats 9

    「うんこミュージアム TOKYO」お台場に8月オープン、テーマ曲はtofubeats

  10. 松岡茉優×松坂桃李×森崎ウィン×鈴鹿央士 映画『蜜蜂と遠雷』予告編公開 10

    松岡茉優×松坂桃李×森崎ウィン×鈴鹿央士 映画『蜜蜂と遠雷』予告編公開