特集 PR

スカパラ谷中敦×藤枝伸介に訊く「カッコいい大人」でいるために

『Park Live』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:雨宮透貴 編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)
スカパラ谷中敦×藤枝伸介に訊く「カッコいい大人」でいるために

たった2本のサックスで奏でる、バトルのような音楽

「偶発的な出会い」をコンセプトに、東京・銀座の「Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)」で開催されているライブプログラム『Park Live』。2月11日、その『Park Live』に東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦とi-dep / Sound Furnitureの藤枝伸介によるサックスデュオ・2 of a kindが出演した。

『Park Live』は、ライブハウスともクラブとも一味違う、音楽と触れ合う新たな場。CINRA.NETでは、これまで『Park Live』に出演したさまざまなアーティストを取材。15歳のトラックメイカー・SASUKEやシャムキャッツのインタビューを実施してきた(参考記事:「デビューから10年を迎えるシャムキャッツ 目指すは争いなき場作り」

左から:藤枝伸介、谷中敦
左から:藤枝伸介、谷中敦

さまざまな種類のクラフトビールが飲める、落ち着いた雰囲気のGinza Sony Park地下4階には30代から50代の男女が集まっている。谷中、藤枝のファンはもちろん、連休最終日の銀座を散歩中に今日のイベントを知り、ふらりと立ち寄った人もきっと多いだろう。いわゆる通常のライブイベントとは一味違った高揚感が会場全体を包み込んでいた。

開演時刻の19時を回り、颯爽とステージに登場した2人。まずは指慣らしとチューニングを兼ね、お互いバラバラに吹き始めたフレーズが徐々に響き合い、規則性を帯びながら気づけば1曲目“Happily Ever After”へと変わっていた。谷中のバリトンサックスがリフを奏で、その上で藤枝のソプラノサックスが縦横無尽に駆け回る。かと思えば藤枝がサポートに回り、谷中がソロを受け継ぐなど、文字通り「組んず解れつ」のサックスバトルが1曲の中で何度も展開された。

左から:谷中敦、藤枝伸介

「似た者どうし」という意味を持つ2 of a kindが結成されたのは、今から10年近く前。東京タワーのふもとにあるカフェで、谷中が詩を朗読するというパフォーマンスに、藤枝がサックスで参加し意気投合したのがそもそものキッカケだったという。終演後のインタビューで、藤枝は2 of a kind結成時を振り返り、こう語った。

藤枝:どういう編成でやるかいろいろと考えたのですが、最終的に「サックス2本だけでいいんじゃない?」という話になったんです。お互いにソロを取りながらアンサンブルが続いていくスタイルって実はあまりないし、僕らはストリート出身だからパフォーマンスとしても面白いものになるんじゃないかと。

藤枝伸介
藤枝伸介

続く“Marriage In Clover”は、ディキシーランドジャズをベースとしつつもさまざまな音楽的要素が散りばめられた楽曲だ。たった2本の単音楽器が入り乱れるアンサンブルは、どこかバッハを彷彿とさせるし、延々と繰り返されるリフレインにはハウスミュージックの陶酔感に通じるものもある。もちろん、谷中のスカや藤枝のジャズなど、それぞれが主戦場で培ってきたスキルもふんだんに盛り込まれている。

谷中:最初に2人でスタジオ入りしたときは、それこそバッハのインベンション(2声体の鍵盤楽曲)を試してみましたね。ピアノでいうと左手のパートを僕が、右手のパートを藤枝くんが吹けば成立するんじゃないか? って。楽しいけど、とにかく休む暇なく演奏し続けるから、1曲終わるとヘトヘトになるんですよ(笑)。

谷中敦
谷中敦
Page 1
次へ

イベント情報

『Park Live』

2019年2月11日(月)
会場:Ginza Sony Park 地下4階

ライブハウスともクラブとも一味違う、音楽と触れ合う新たな場となるPark Live。音楽との偶発的な出会いを演出します。
開催日:毎週 金曜日20:00 - 、不定期

プロフィール

2 of a kind(とぅー おぶ あ かいんど)

東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦と藤枝伸介 (i-dep / Sound Furniture)によるサックス・デュオ。2本のサックスにより織り成されるシンプルかつ色気漂う音色は、2人のこれまでの活動から引き継がれたSKA、JAZZなどの音楽的要素を内包しつつ、映画や映画音楽への愛着、傾倒を感じさせる情緒をも醸し出す。シンプルかつ自由な音の織り成す世界に、観るものはある一遍の物語をも見出すであろう。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“完熟宣言”

<もしも願いが叶うならば はぐれた仲間の分まで 幸せな未来をちょうだい>。円陣を組んでシャムキャッツの4人が歌っている。大切な人との別れ、当たり前だった日常が失われていくことも横目に、ステップは絶えず前に。無邪気に笑顔を振りまく姿に、大人になるのは哀しくも楽しく、なんてことを思う。(山元)

  1. 香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」 1

    香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」

  2. 星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も 2

    星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も

  3. 小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい 3

    小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

  4. 箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る 4

    箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

  5. 平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』 5

    平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』

  6. なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り 6

    なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

  7. 知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演 7

    知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演

  8. フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅 8

    フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅

  9. 上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開 9

    上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開

  10. 映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る 10

    映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る