レポート

TENDOUJI、No Busesら5組が体現した、ロックバンドのロマン

テキスト
天野史彬
撮影:垂水佳菜 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)
TENDOUJI、No Busesら5組が体現した、ロックバンドのロマン

ハイテンションなショートチューンで駆け抜けた、フルー

12月20日、CINRAと音楽アプリ「Eggs」の共同主催による無料音楽イベント『exPoP!!!!!』が、渋谷のライブハウスTSUTAYA O-nestにて開催された。

この日のトップに登場したのは、男女混成3ピースバンド、フルー。自らを「ショートポップロックチューンバンド」と名乗る彼らは、その名のとおり、1曲が短い。ステージに登場するなり、どの曲も約1分程度~長くて2分強といったショートチューンをテンション高く連投していく。

フルー
フルー

もちろん、1曲が短いからといって曲が単調だったり、演奏が荒かったりするわけでもなく、1曲1曲のキャラ立ちも抜群。骨太なファンクビート、ヘビーなギター、キュートなコーラスが絡み合いながら、カラフルに、プログレッシブに、ステージが展開していく。

パナシズシ(フルー)
パナシズシ(フルー)
マルタン亀山(フルー)
マルタン亀山(フルー)
フルーはるひ(フルー)
フルーはるひ(フルー)

途中、ギターとドラムが入れ替わるなど、バンドの構造自体も自由だ。この情報量とスピードの時代を屈託なく楽しんでいる様子がひしひしと伝わってきた。

フルー
フルー

The Taupeの衝動的な音は、聴覚のみならず、視覚までぶん殴る

2番手に登場したのは、4ピースバンド、The Taupe。冒頭、不穏なナレーションのSEが流れ、ステージ上に4人が登場。

The Taupe
The Taupe
The Taupe

この日は、おのてらえみ(Ba)が松葉杖をついて登場したので心配はあったものの、いざ演奏がはじまれば、暴力的なまでに刺々しい音像で会場を覆っていく(おのてらは椅子に座っての演奏)。

左から:かわもトゆうき(The Taupe)、おのてらえみ(The Taupe)
左から:かわもトゆうき(The Taupe)、おのてらえみ(The Taupe)
The Taupe

ステージ上手に立つニール・パティ パティ パティ(Gt)は激しく動きながらギターを弾き狂い、ときにはギターを振り回すなど、そのステージングは観る者の聴覚のみならず、視覚までぶん殴ってくるような刺激の強さだ。

The Taupe

まるで、私たちの目の前に広がる日常や、私たちを雁字搦めにする常識といったものから「いかに、はみ出ることが可能なのか?」という問いかけを、音楽を通して実践しているような衝動たぎるパフォーマンスだった。

The Taupe
The Taupe

マイブラとマック・デマルコの間で光る、Cairophenomenons独自の感覚

3番手は、2018年、日本のインディーズレーベル「Rhyming Slang」と、韓国のバンド、AKUAが共同制作した日韓バンドのコンピレーション『FRESHALWAYSON X RHYMING SLANG』にも参加したバンド、Cairophenomenons。

Cairophenomenons
Cairophenomenons

フレーズの循環などを活かしながら、沸々と熱が湧き上がるようなバンドのアンサンブルを基軸に、まばゆいメロディーが会場全体に降り注ぐようなサウンドスケープを響かせる。そこには、まるでMy Bloody Valentineの「憂鬱」とマック・デマルコの「達観」が同居しているよう。ひとつの極致ではなく、グラデーションのなかにこそ自分たちの居場所を見つけているような、そのバランス感覚がとても現代的に感じられる。

Cairophenomenons

一概に「シューゲイザー」や「サイケデリック」という言葉だけでは捉え切ることができない、このバンド独自のチャームを見事に響かせるパフォーマンスを披露した。

Cairophenomenons
Cairophenomenons
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『Eggs×CINRA presents exPoP!!!!! volume116』

2018年12月20日(木)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest

出演:
Cairophenomenons
TENDOUJI
The Taupe
No Buses
フルー
料金:無料(2ドリンク別)

『Eggs×CINRA presents exPoP!!!!! volume118』

2019年2月28日(木)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest

出演:
I Saw You Yesterday
木(Ki)
THE RATEL
メロウ・イエロー・バナナムーン
and more!!!!!
料金:無料(2ドリンク別)

プロフィール

フルー

パナシズシ(Gt / Vo)、マルタン亀山(Ba / Vo)、フルーはるひ(Dr / Vo)の中学校同級生3人による、全員ボーカルのスリーピースバンド。私たちを一言で紹介するなら「ショートポップロックチューンバンド」曲は短く、絶えず音楽を鳴らし続けます。口ずさみたくなるメロディーにのせて元気なライブパフォーマンスを届けます!アルバム「フルーのルールのルゥ」ライブ会場にて絶賛発売中!

The Taupe(ざ とーぷ)

自らをバンドではなく妖怪と称す東京の男女4人組オルタナティヴ集団。ソリッドかつダイナミックなオルタナ感をベースに、ノイズ、ポストロック、ニューウェーブ等、変幻自在に唯一無比の世界観を炸裂。

Cairophenomenons(かいろふぇのめのんず)

CairoからCairophenomenonsに改名後、EPとなる“Cue-EP”をカセットにてリリース。オリジナリティ溢れる、心地よくも奇妙なアンビエンスとグルーヴに、クリスタルなギターノイズが響くサウンドを構築し、現代のサイケデリア、エレクトロニカ、シューゲイズなど様々に評されている、今注目の新世代バンド。2018年には新曲“Water”を日韓アーティストによるコンピレーションに提供するなどその世界を深め、2018年12月に新たな7inchシングル“TIGER TIGER/SPRING”をリリース。日本各地の音楽ファンが集うレコードショップで発売され、注目を集めている。2019年にアルバムにリリースを予定している。

No Buses(のーばしーず)

2016年結成。その名の通りArctic Monkeysを中心にUKロックから多大な影響を受けたインディー・ロック・バンド。幾度かのメンバー・チェンジを経て現体制となり、2018年4月に1stシングル「Tic」を発表。そのMVは日本にとどまらず世界中で高い評価を受けた。夏にはComputer MagicのOAを勤め、〈SUMMER SONIC2018〉出演。国境を超えての活動が期待される、いま最注目のバンド。

TENDOUJI(てんどうじ)

2015年、中学の同級生であった4人で結成。自主レーベル「浅野企画」を設立して、これまで3枚のEPと1枚のフルアルバムをリリース。類まれなメロディーセンスと爆発力のあるサウンドを武器に、全ての場所をハッピーとグルーヴに包まれた空間にしてきた。2018年は、「RUSH BALL」や「BAY CAMP 2018」、そしてアメリカ最大級のフェス「SXSW」にも出演を果たす。11月には4th EP「FABBY CLUB」をリリース。来年2月にはTEENAGE FANCLUBの来日公演のサポートアクトとして出演が決定している東京インディ/オルタナ・シーン屈指の愛されバンド、TENDOUJI。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも