レビュー

光る玉が線や物体の輪郭に反応し、音を奏でる「楽器」

小林宏彰
2010/02/02
光る玉が線や物体の輪郭に反応し、音を奏でる「楽器」

『scoreLight』は端的に言うと、光る玉が線や物体の輪郭に反応し、音を奏でるという「楽器」作品だ。映像をご覧いただければ分かるとおり、玉がまるでダンスをするかのように動く視覚的な面白さと、それに連れて自在に変様する音を楽しむ聴覚的な面白さとが、同時に味わえるものとなっている。

また本作には、インタラクティブなアート作品にふさわしい「予測不可能性」があることもポイントだ。物体を新たに追加するたび、玉の動きや音が複雑さを増す様子が非常に面白く、いつまでも見飽きることがない。さらに、仕組みこそ難解なものの、子どもから大人まで誰もが楽しめる作品として成立している点も素晴らしく、作者の類まれなセンスが感じられる。「作品で遊ぶ」ことの楽しさを、これほどたっぷりと味わえる作品も、そうそうないだろう。

※このコンテンツは旧「ピックアップアーティスト」の掲載情報を移設したものです

プロフィール

Alvaro Cassinelli / 真鍋大度

Alvaro Cassinelli 2001年、東京大学石川並木小室研究室にて特別研究員、助教。メディアアーティストとして、第9回文化庁メディア芸術祭アート部門大賞、第13回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞、アルスエレクトロニカ2006名誉表彰をはじめとして、いくつかの賞を受賞する。 Daito Manabe Artist/Sound designer/Programmer (Rhizomatiks/4nchor5 La6)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年