レビュー

あめーじんぐさばーいなタイの音楽フェス☆BIG MOUNTAIN

篠田千明
2012/01/11
あめーじんぐさばーいなタイの音楽フェス☆BIG MOUNTAIN

ちゃらっといえば、12月10、11日に、タイのフジロックみたいなのに行ってきた。今年で3年目のビックマウンテンは、カオヤイ、というバンコクから車で3時間ぐらいの牧場地帯でやる音楽フェスで、前々からタイ在住の友人から「おもろいよ〜すごいよ〜おいでよ〜」と誘われていて、しかもイベントの日がちょうど皆既月食の日だったこともあり、今回はばっちりフェス合わせでタイにむかった。

BIG MOUNTAIN

とはいえ、事前準備や情報収集はまったくしないで、とりあえずなんとかなる確信だけでバンコクに到着。さっそく友達に今年のフェスにいくやついたら一緒にのせて〜〜の連絡をしまくる、とすぐさま!!「俺は行かないんだけど、この番号にかけてみ」との返信。人メシ人メシでごったがえすバンコクのビクトリーモニュメントから直行で向かえるバンが出ているらしい。

ビックマウンテン常連の同行KさんSさんと待ち合わせして、乗り場で250バーツ(700円強)をはらって乗り込むが、もちろん定時で出発するわけない。定員パンパンになるまで人を待つのがタイの乗り合いバンルールなので、車内にながれている去年の大トリ、bodyslum(タイのB'z? めっちゃ盛り上がってる)の映像をぼんやり眺めながら人が集まるのを待った。

BIG MOUNTAIN

しかし山フェスなのにタイ人みんな短パン半そでサンダルで乗り込んでくるよこれ、大丈夫かいな〜なんて思いながらぼやぼや出発し、一眠りしてる間に会場に到着。

予想以上に人がいるけれど、それよりも来ているタイ人がことごとく足だしてることに気を取られる。いや、すでに寒いから!!! でも大丈夫、入り口の前にはテントやら防寒グッズをおいてる出店がちゃーんとあって、しかも特に高くない値段で売ってるのだ!! テント800バーツ(2000円)だなんて、思わず要らないのに買ってしまいそうになったわ〜〜、あぶない。

BIG MOUNTAIN

チケットを買うエントランス前にはカラオケステージが。聞くところによると、去年あまりに人が並びすぎて、待ち時間が長かったため、そのチケット待ちの人たちのために今年新設されたのだとか。飛び込みカラオケオッケーなのだとか。なんやねん!!

BIG MOUNTAIN

道中から入り口からすっかりタイナイズされた我々を待ち受けている会場では、でっかいUFOがつってあるステージ、でっかい牛のステージ、赤いテント、ビーチステージ、そして舞台上に動く観覧車(しかも乗れる☆)が6台並んでるメインステージがあるだけでもテンションあがるのに、街の屋台がだしてるフードエリアや、マッサージ屋もあって、まったりもできる〜〜、きゃ〜〜〜♪

着いたらいきなり大好きなFridayがメインステージでライブしていたので、屋台ごはんの物色もそこそこにやっほ〜いと盛り上がる。個人的な思い出としては(そもそも個人の思い出と結びついてないポップミュージックなんてどんな国でもないんだけど)このバンドの曲でドライブしながら鎌倉むかったら、免許取り立ての友達がその日のうちに2回事故ったなあ〜、長谷警察署のその日の有名人になってたなあ〜、そんな夏もあったことよ、とてきめんにおセンチにさせられてしまった。

BIG MOUNTAIN

フードコートに移動して地元のメシ屋が出店してる屋台メシを食べていると、ふと、天空に赤い丸い球体が見えた。

皆既月食によって、普段は太陽の光を反射して平面になっている月が、星として空に浮かんでいた。安易な言葉だけど手を伸ばせば届きそうな距離で、月じゃないよ、星だよ、一番近くにいる星なんだよ、という主張をしていた。見た瞬間はそんな事も思わずに、ただその赤い球体を美しく感じて、瞬間的に愛でていた。

月も星、地球も星、空は空じゃなくそこに広がる無限の可能性への入り口だぜ、め〜〜〜ん!!!

BIG MOUNTAIN

その後も狂乱はつづき、タイ時間で進む進行ですべてのライブが押しまくり、一日目のオオトリが終わり閑散としたメインステージの前には人の数×5ぐらいのゴミが散らばりまくり、夜中の3時にはそれを片付けるおばちゃん軍団がもくもくと拾い始め、明け方いいかげん眠たくなってきたのでホテルに連れてってくれる友達をUFOステージで待っていたら、ラルクの完コピをタイ人バンドが、しかも見た目とくにビジュアル系じゃないやつらが歌いはじめ、何がなんだかわかんなくなってきたけど、寒いからとりあえず営業終了したマッサージ屋の中にあった牧草にくるまってハイジ気分で暖をとっていたら、牧草の中にマッサージのおばはんたちも寝っころがっていた、という、そんななんでもあり感、これこそがビックマウンテンの醍醐味、タイ語で「サバーイ」とは、とりあえずまったりしてきもちいーー!! という意味なのですが、そんな素敵なサバーイに満ちあふれているフェスティバルだった。

来年も同じ時期にあるので、ぜひぜひ、狙っていったら、観光マスクを被ったタイランドじゃないものが見られることはワタクシが保証します!!!!!

イベント情報

『Big Mountain Music Festival』

「タイのフジロック」とも称される、大型野外音楽フェスティバル。バンコクから車で2時間ほどの距離にある、タイの避暑地カオヤイにて行なわれており、2011年12月に3回目となるイベントが行なわれた。おもな出演アーティストに、FRIDAY、ARMCHAIR、T-BONE、CHRISTINA AGUILAR、DESKTOP ERROR、SUMMER DRESS、MODERNDOG、PARADOX、BODYSLAM、YELLOW FANG、YKPBなど。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと