今週の編集部まとめ

毎週火曜日更新 2016年1月12日
BACKNUMBER

編集部員の、ちょっとひとこと

  • 柏井万作
    柏井万作

    ありがとうデヴィッド・ボウイ

    デヴィッド・ボウイが亡くなって、世界中が悲しみに暮れている。先週金曜日にニューアルバム『★』がリリースされて、69歳とは思えないフレッシュな創作活動に感服していた矢先の訃報でした。18か月前からガンと闘病していたということなので、自分の遺作になることを明確に意識して作ったアルバムだったんですね……。一度は創作意欲を無くした時期もあったといわれるなか、最後の力を振り絞って、最新鋭の人たちと新しい表現を模索し続けた姿勢にも本当に感動しました。『Space Oddity』に針を落とす時のワクワクは、僕の一生の宝物です。

  • 野村由芽
    野村由芽

    平成版『私と小鳥と鈴と』

    帰り道に遊歩道があるから、時々目をつむって歩く。平衡感覚が狂い風景がなくなった途端、音や触覚がきらきらうるさくなる。「私以外私じゃないの」は平成版「みんなちがって、みんないい」だと膝をうち、自分以外の誰かの感受性に一本とられるために毎日過ごしているとしか思えないなか、目の見えない人は中身のわからないパスタソースを占い感覚で買っている、という話はとても面白かった。わからないなら面白がれるほうがいいよね。

  • 矢島由佳子
    矢島由佳子

    自分の五感で真実を見極めたい

    先週金曜日に公開した、漫画家兼音楽家・田口囁一さんとクラムボン・ミトさんの対談記事に、たくさんの反響を頂いています。クリエイターの活動場所は数限りなく増えていて、新たな可能性が広がっている、という話。ただ最近つくづく思うのは、発表できる手段が増え、誰しもが発信者になれるからこそ、真実か否かを見極めるのが難しい情報も溢れている。年明けからそんな情報ばかりで、少し心が疲弊しています。今こそ、秦基博さんが語ってくださった「何が嘘で何が本当かわからない時代だから、自分の価値観を持たなければならない。でも、家族とか恋人とか友人との関係性が希薄だとは思わない」という言葉を読み返したい。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Homecomings“Blue Hour”

微妙な関係、微妙な距離を前に、言わずに飲み込んだ言葉、あるいは取ってつけたような言葉……夜の終わりと始まりの深い青にはそんな言葉が無数に浮かんでは消える。<まだ夜は冷えるから 僕らは子供のまま>という奥ゆかしくもみずみずしいラインに、<僕らお互い弱虫すぎて 踏み込めないまま朝を迎える>なんて一節を思い出したりしました。(山元)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に