今週の編集部まとめ

毎週火曜日更新 2016年2月1日
BACKNUMBER

編集部員の、ちょっとひとこと

  • 柏井万作(CINRA.NET編集長)
    柏井万作(CINRA.NET編集長)

    『1998年の宇多田ヒカル』

    CINRAでも書いて下さっているライターの宇野維正さんが上梓した『1998年の宇多田ヒカル』、すごく面白かったです。「1998年」という年がいかに特別だったのか、音楽メディアの仕事をしていると度々感じることがあって、もっともCDが売れていたり、特別な「アーティスト」が同時多発的に現れた、決定的で象徴的な時代だったのは間違ありません。こうしてまとまった論考が出ていなかったのは意外ですが、宇野さんの視点や捉え方、とても興味深かったです。最近身近な人たちが「本」を出すことが増えたけれど、どれもすごく良い。本としてまとまったボリュームで論ずることの重要性を痛感します。

  • 矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
    矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

    というか、永遠に通過点

    先週、モノブライトのレポート記事を公開させてもらいました。実は7年くらい前、私がまだ大学生だった頃、彼らをインタビューさせて頂いたことがあるのですが、その記事が載っているフリーペーパーを実家の本棚から引っ張り出して読んでみたら、自分が投げかけている質問があまりにも稚拙で、すごく恥ずかしくなりました(笑)。でも、肝っ玉が据わってる20歳のSSW・藤原さくらさんが言っていた、「上手くなってから人前でやろうとか、そんなの永遠に何もできない。通過点も好きと言ってくれる人がいるはず」という言葉を思い出して、「通過点」もとても愛おしく思えたのでした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『さよならくちびる』ショート予告

小松菜奈、門脇麦が出演する映画『さよならくちびる』のショート予告が公開された。「ハルレオ」が解散するという事実が冒頭で明かされ、その後の2人の歌唱シーンが余韻を残す。秦基博、あいみょんがそれぞれ作詞作曲、提供した“さよならくちびる”“たちまち嵐”の2曲も、この予告で聴くことが出来、青春×音楽×映画の新たな可能性を予感させる。劇場で「ハルレオ」の歌声を聴けるのが待ち遠しい。(野々村)

  1. NakamuraEmi、6年の大変化。自分の弱さを愛せるようになるまで 1

    NakamuraEmi、6年の大変化。自分の弱さを愛せるようになるまで

  2. 宮崎あおいの初料理本『世界をいただきます』刊行 欧州&中東&アフリカ編 2

    宮崎あおいの初料理本『世界をいただきます』刊行 欧州&中東&アフリカ編

  3. VaVaが語る、音楽家としての2つの転機 弱い自分もラップに変えて 3

    VaVaが語る、音楽家としての2つの転機 弱い自分もラップに変えて

  4. K-POPの日韓混合企画に注目。日本人4人擁するTREASURE13やJYPの新人企画 4

    K-POPの日韓混合企画に注目。日本人4人擁するTREASURE13やJYPの新人企画

  5. 平野紫耀×橋本環奈が恋愛頭脳戦 『かぐや様は告らせたい』実写映画化 5

    平野紫耀×橋本環奈が恋愛頭脳戦 『かぐや様は告らせたい』実写映画化

  6. NHK朝ドラ『なつぞら』主題歌はスピッツの新曲“優しいあの子” 6

    NHK朝ドラ『なつぞら』主題歌はスピッツの新曲“優しいあの子”

  7. 欅坂46・平手友梨奈がANREALAGEのコンセプト映像に出演、音楽は山口一郎ら 7

    欅坂46・平手友梨奈がANREALAGEのコンセプト映像に出演、音楽は山口一郎ら

  8. ベッキーがアンドロイド&麻雀クラブのママの2役 映画『麻雀放浪記2020』 8

    ベッキーがアンドロイド&麻雀クラブのママの2役 映画『麻雀放浪記2020』

  9. ウェブサイト「大杉漣記念館」が2月20日開設、コラムや写真などアーカイブ 9

    ウェブサイト「大杉漣記念館」が2月20日開設、コラムや写真などアーカイブ

  10. 吉岡里帆がNHK『LIFE!』登場、ムロツヨシや中川大志を翻弄&内村と2人芝居 10

    吉岡里帆がNHK『LIFE!』登場、ムロツヨシや中川大志を翻弄&内村と2人芝居