今週の編集部まとめ

毎週火曜日更新 2017年10月23日
BACKNUMBER

編集部員の、ちょっとひとこと

  • 柏井万作(CINRA.NET編集長)
    柏井万作(CINRA.NET編集長)

    大人の文化祭『NEWTOWN』色々決まってます

    CINRA主催の大人の文化祭『NEWTOWN』、続々とプログラムが追加発表されています。CINRAでも書きまくっていただいているライター武田砂鉄と柴那典によるトークイベント『音楽を書く、カルチャーを書く』は、ライターを目指す人にはぜひ参加していただきたい講座。若手美術家たちが企画してくれた『ニュー・フラット・フィールド』では、ニュータウンの現在の姿をアーティストたちが捉え直した美術展です。現在開催中の『RED BULL MUSIC FESTIVAL』との連動企画として、DJ KRUSHが自身初のラップアルバムである『軌跡』について語るレクチャーイベントが決まったり、落語会『落語てびらき』の詳細も発表されました。無料観覧できるものも、お席の予約を受け付けているので、必ず見たい! という方は早めの予約をオススメします。

  • 山元翔一(CINRA.NET編集部)
    山元翔一(CINRA.NET編集部)

    続けるって大変

    土曜日はTSUTAYA O-EASTにシャムキャッツのライブへ。これまで何度か取材して、濃い時間を過ごさせてもらってきたためか、友達の兄ちゃんたちを見てるような心持ちになって、たまらなかったです。ダブルアンコールで披露した“MODELS”の爆発力に、「きっとこれから先、もっと楽しいことが待っているんだろうな」なんて思いました。さて話は変わって、8月にシャムキャッツにも出ていただいた『exPoP!!!!!』の102回目を、今週26日(木)に開催します! 出演は、バンドもの中心のなかに、1組だけラッパーのNIHA-Cさんがいたり、ジャンルはバラバラでもポップなラインナップになっています。楽しい夜をお約束しますので、みなさまぜひご来場くださいませ!

  • 宮原朋之(CINRA.NET編集部)
    宮原朋之(CINRA.NET編集部)

    「ググレカス」から10年後

    いまから10年以上前。時代はスマホが登場する少し前のWeb2.0真っ只中、「ググレカス」という言葉がネットでにわかに流行りました。思い返せば当時私も、取り敢えず検索すればなんでもわかるインターネットに熱い視線を注いでいたひとりでした。


    時代は変わって、いまはどうかと考えると、個人的には当時とそんなに変わってことに気づきます。検索で得た情報をもとにさらに検索を繰り返し、時間ばかりが過ぎていく。なにも手応えを得られないままインターネットの依存度だけが高くなるばかり。知らず知らずのうちに自分で考えることから距離が遠くなっていく。それが常習化しているような感覚をもっていました。


    とは言え、ネットがないとなにもはじまらない。うまく折り合いをつける機会がないかと思っていたときに知ったのが「イシス編集学校」。ネット上で完結するというのも大きな利点で、一発奮起して4か月間の基本コースにトライしてみることにしました。どう自分の思考がどう変化するか、いまから楽しみです。

  • 久野剛士(CINRA.NET編集部)
    久野剛士(CINRA.NET編集部)

    Another Story of 「2057」

    ふう……、どこまで話したかな? あー、あのライブを見たときの話だったな。もう、遥か昔のようだ。彼がまだ、あの名前を名乗っていた頃。この音楽が、この国で大きくなる前、ようは腫れぼったくなる前の話だ。彼がシーンで注目され始めてから10年以上経って、ようやく初めてのツアー。東京会場の赤坂BLITZはもうギュウギュウで、ファンの期待そのものを表しているようだった。見てくれはナードなのに、彼がステージに立つと、堂々たるラップスターの風格なんだよ。お前さんでも名前くらい知ってるだろ? 50centとかな、ブッダブランド、加山雄三のカバーだって、彼がやれば何でも、彼の色に染まっちまう。あれには驚いたねえ。一般人みたいな名前しているクセに、オンリーワンな存在なんだから。しかも、ゲストも豪華だった。当時はまだ若かったISSUGI、PSG、RAU DEF、SUMMIT連合なんかも出てきて。みんな自分のライブのときと同じくらい、楽しそうな表情を浮かべるんだ。ああいうピースな光景は、いま思い返しても胸が熱くなるねえ。おっと、そうか。彼の名前な。確か……、「PUNPEE」。そう呼ばれていたよ。

  • 川浦慧(CINRA.NET編集部)
    川浦慧(CINRA.NET編集部)

    『STARWARS 最後のジェダイ』に向けて

    12月15日公開の『STARWARS 最後のジェダイ』に向けて、いよいよ準備を始めました。公開までに、これまでの作品をすべて見返します。前作『フォースの覚醒』前にも予習をしてから挑んでいたけど、STARWARSは何度見ても新たな発見がある。些細なセリフに大きな意味があったりして、毎回驚く。そしてイントロダクションのあの長い説明が、やっぱり超重要(当たり前だけど、流し読みがちじゃないですか?)。誰かと一緒に見ると、あーだこーだ言い合いながら見れてさらにおもしろいですよ!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと