今週の編集部まとめ

毎週火曜日更新 2018年1月9日
BACKNUMBER

編集部員の、ちょっとひとこと

  • 柏井万作(CINRA.NET編集長)
    柏井万作(CINRA.NET編集長)

    新年明けましておめでとうございます!

    大晦日から1月9日まで長い冬休みをいただいて、阿蘇、熊本、唐津、福岡と九州を巡ってきました。肉も魚も酒も全部美味いし、阿蘇の温泉は良質だし、素晴らしい焼物にもたくさん巡り合って言うことない旅でしたが、特別心に残ったのは熊本城。立派な石垣が大規模に崩れ落ち、倒壊した建物や、修復工事のため覆い隠された天守閣など、震災の爪痕が痛々しく残っていました。熊本城全域を震災前の姿に戻すには、20年かかるそうです。天守閣は、なんとか2019年までの復旧を目指しているとのこと。応援したいです。

  • 矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
    矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

    ワンダフルな年にしよう、だって戌年だから。

    あけましておめでとうございます!ネットやテクノロジーが日々進化し続ける一方で、様々な生活的要因によって、それについていく余裕のない人たちもたくさんいる時代。音楽・カルチャーメディアの役割やウェブ記事のあり方を常に自分自身に問いながら、読者のみなさんにとっても、アーティスト・クリエイターのみなさんにとっても、意味と価値のある記事を丁寧に作り続けたい。そんなことを誓った、2018年のはじまりです。今年もCINRA.NETをよろしくお願いいたします!

  • 山元翔一(CINRA.NET編集部)
    山元翔一(CINRA.NET編集部)

    この混沌を楽しもう

    あけましておめでとうございます。読者のみなさまは2017年をどのように過ごされましたか? 個人的には、SpotifyとNetflixに加入してさえいれば、他のエンターテイメントに割く時間はないかもしれない...という、嬉しいのか辛いのか、なんとも言葉にしがたい複雑な思いに苛まれた1年でした。2017年に聴き損ねた作品、見損ねた作品を尻目に、先日『DEVILMAN crybaby』の配信がスタート。「ほんと、どうしたものか」と思いながら2018年を迎えております。そんな私はじめ、クセだらけの編集部員がお届けするこの「編集部まとめ」のコーナーを2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • 宮原朋之(CINRA.NET編集部)
    宮原朋之(CINRA.NET編集部)

    2018年はサピエンス視点でスタート

    年末年始はもっぱら読書をしていました。読んだのは、『サピエンス全史』。周囲の評判から気になってはいたものの、壮大な内容とボリューム的に尻込みしていたのですが意を決して読んでみると、とてもおもしろい。有史以前の人間の祖先から現代までを辿る壮大なスケールで、一人で考えても埒があかないことを明快に解説していて、好奇心と共にサクサク読み進められます。自分が生まれる前から存在するこの世界は、なぜこうなったのか?  自分もその当事者として向き合える時間でした。2018年は少し違った視点を持ちつつスタートできそうです。

  • 木村直大
    木村直大

    スポーツと現代アート

    あけましておめでとうございます。 2018年は、冬季オリンピックとサッカーのW杯が開催されるスポーツイヤーですね。スポーツ好きなアーティストは数多くいますが、学生時代にアメリカンフットボールの特待生を経験し、医学や体育を学んだ異色の経歴で有名なのが現代アートのマシュー・バーニー。彼の代表作『拘束のドローイング』シリーズは、負荷を与えることで成長する筋肉の仕組みからインスパイアされた作品ですが、個人的には「人生もそうだよなあ」と思わせてくれる点が、まさにこの作品を現代アートたらしめている所以だと思います。興味のある方は、ぜひご覧になってみてください。

  • 川浦慧(CINRA.NET編集部)
    川浦慧(CINRA.NET編集部)

    今年は毎日日記をつけます

    あけましておめでとうございます! 年々文字を書くことが減り、自分の書く文字がヘタクソになっていくのを感じます。漢字も全然書けなくなってきました。なので、今年は文字をたくさん書きたいと思い、毎日日記をつけることにしました。今日の出来事、体調、見た夢を記録してみたいと思います。この編集部まとめも、毎週欠かさず書くぞ!

  • 久野剛士(CINRA.NET編集部)
    久野剛士(CINRA.NET編集部)

    2018年初映画はブニュエル

    明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。2018年初映画は、イメージフォーラムで開催中の『ルイス・ブニュエル監督特集』で見た、『皆殺しの天使』でした。ブルジョワたちが「なぜか」部屋から出られない様子を90分描き続ける不条理コメディです。以前ソフトで見て、「映画ってこれでいいんだ!」と心底感動させられた作品だったので、スクリーンで拝見できて感慨深くなりました。今回の特集で上映されている『ビリディアナ』『砂漠のシモン』もブニュエルの底意地の悪い魅力に触れられる作品ですので、興味のある人はぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。今年も、新旧にこだわらず、素晴らしい作品に出会えるのを楽しみにしたいと思います。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら