今週の編集部まとめ

毎週火曜日更新 2018年3月12日
BACKNUMBER

編集部員の、ちょっとひとこと

  • 矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
    矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

    SXSW

    今週は、アメリカ・テキサス州にて、インタラクティブ・音楽・映画の世界最大級ショーケースイベント『SXSW(サウスバイサウスウエスト)』が開催中です。前半は「インタラクティブ」が中心の期間となっていて、世界最先端のテクノロジーのプレゼンテーションや、日本では見られないようなパネルディスカッションの内容など、たくさんの情報がネット上にも上がってきます。現地に行けなかった悔しさを抱えながら、それらが記事化されたものや、SNSで「SXSW」と検索して出てきたものを読んで楽しんでいます。音楽部門には、日本からはCHAI、ドミコ、yahyel、DYGL、TAWINGS、TENDOUJI、Rude-α、Attractionsなどが参戦。

  • 山元翔一(CINRA.NET編集部)
    山元翔一(CINRA.NET編集部)

    ケンドリック・ラマーよりも、Chance the Rapperよりも

    ブルーノ・マーズが好きです(というか今年、ケンドリックとチャンスとブルーノ・マーズが来日するんですね、やばい)。先日の『グラミー賞』で6冠というのも歴史的大偉業ですが、個人的には最大37000人収容のさいたまスーパーアリーナを4デイズ即完させるほうがより現実味があって、彼のとんでもなさを実感します。じゃあマイケル・ジャクソンはどうだったのか、気になったので調べてみました。東京ドーム9デイズ(収容人数55000人×9)ですって。マジか。しかも、その前年に後楽園球場3公演と横浜スタジアム5公演をやったうえで。……なんだかブルーノ・マーズのすごさが霞んでしまいましたが、今日から涙の追加席販売がスタートしているので、神に祈る気持ちで申し込んできます。

  • 久野剛士(CINRA.NET編集部)
    久野剛士(CINRA.NET編集部)

    『INTERNATIONAL STÜSSY TRIBE GATHERING TOKYO 2018』

    土曜日は、渋谷のVISIONで行われたSTÜSSY主催のイベントへ。目当ては、ジャズバンドBADBADNOTGOODのステージ。RZA、Tyler, the Creatorら、ラップミュージシャンからも絶賛され、ケンドリック・ラマーの『DAMN.』にも参加した四人組のパフォーマンスは、クールな音源とは違う、すさまじい熱を発する演奏。特にリーチが短めのスティックを自在に操るアレクサンダー・ソウィンスキーのタイトなドラムプレイは、まるで格闘技を見ているような緊迫感で、圧倒されました。

  • 木村直大
    木村直大

    幡ヶ谷

    先週末、幡ヶ谷にあるHEAVY SICKというライブハウスに行ってきました。普段はあまり行かない幡ヶ谷ですが、HEAVY SICKやForestlimitといったコンパクトながらも音の良い箱に、飲食店も大変充実しており、あらためて良い街だなあと実感。ちなみにHEAVY SICKでみたライブでは、The NESOというバンドが衝撃的なかっこよさでした。80年代のニューウェーブ、ハードコアパンクの教養に溢れるギターフレーズ、全部ちょっとずつ外すギターとベースの絡み、踊れるビートのドラムと、その筋のIQ200くらいでかっこ悪い瞬間が全くない。思わずカセット買いました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら