今週の編集部まとめ

毎週火曜日更新 2018年8月6日
BACKNUMBER

編集部員の、ちょっとひとこと

  • 矢島由佳子
    矢島由佳子

    LEGO BIG MORLとodolを観た

    昨日は、LEGO BIG MORLのワンマンライブへ。アコースティック編成とロック編成の二部構成による、たっぷり約3時間のライブでした。アコースティック編成では、4人の緻密なプレイによるアンサンブルが豊かな音圧を生み出していて、このバンドの演奏技術の高さを改めて思い知りました。ロック編成も、結成12年経った今もなおパワーアップし続けていて、それもLBMのライブに飽きたことがない理由のひとつです。金曜日は、odolのライブへ。バンドが急成長しているタームにいて、odolを追いかけているリスナーにとっても、そしてきっとメンバー自身にとっても、今めちゃくちゃ面白い時期なんじゃないかと思います。「どんな音楽が好きなの?」という質問はいちばん困ったりするのですが、やっぱり、LBMやodolのように、サウンドはいろんなジャンルが混ざったミクスチャーかつエクスペリメンタルで、でもポップさがあって、詞は詩美性と深みがあって、そして声は耳と心に残るものがある、という音楽にどうしたって惹かれます。

  • 久野剛士
    久野剛士

    『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』を観て

    映画のシリーズものは、長く続けば続くほど、その世界観が極端になっていく。たとえば『ワイルド・スピード』。シリーズ1作目では、公道のスピードバトルでしかありませんでしたが、いつのまにか車で空から飛来したり、氷上で潜水艇と争ったりするようになります。そして、そうした世界観の先鋭化の傾向は『ミッション・インポッシブル』シリーズも同様。トム・クルーズのスタントなしのアクションが話題になってきたこのシリーズ。最新作『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』では、そうしたトム自ら行うスタントシーンの物量・危険度ともにとんでもないことに。私も、驚くほどに「危険なアクション」のオンパレードでした。もし、次回作もあったら、どんな危険なことにトム・クルーズは挑むのか? いまからすでに楽しみです。

  • 木村直大
    木村直大

    家を切った人とインスタ映え

    今夏、話題の展覧会と言えば、国立近代美術館で開催中の『ゴードン・マッタ=クラーク展』ではないでしょうか。InstagramのTLでも、しばしば「行ってきました」的なポストを目にしますが、どの写真も対象が渋いだけに、決して「映え」ではない。とは言え、多分みんな人目をちょっと意識して撮っているところが、「映え」とは何か? を考えさせられて、既に作家の何かしらの目論見に巻き込まれている気すらします(もちろんSNSなどない時代の作家ですが)。マッタ=クラークについては「家を切った人」くらいの知識しか持ち合わせていない私も、そんなこんなでますます興味を引かれるので、近いうちに訪れる予定ですが、きっと写真も撮るでしょう。ちなみに既に展覧会に訪れた知人の1人は、「そのあとに観たゆるふわギャングの方が感動した」とのことでした。

  • 山元翔一
    山元翔一

    正解なんていらない

    映画を観ているとき、無意識のうちに「こうあるべき」みたいに期待と妄想を抱きながら観てしまうことは少なくない。もちろん、それはそれでいいんだろうけど、せっかく映画を観るなら、自分の頭の中にあるつまらない期待を裏切るような作品に出会いたいじゃないですか。で、先日観た『カメラを止めるな!』は、まさにそんな作品でした。初めて劇場長編作品を手がけた監督と無名の俳優によって作られた96分は、狙っても生み出せない危うさに満ちていて、ギリギリ破綻しない綱渡り状態で文字通り駆け抜けていく。一見して洗練されてない野暮ったさも込みで、この映画のマジックは構築されていると思うんだけれど、個人的にはそこに何よりグッときました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場