今週の編集部まとめ

毎週火曜日更新 2018年9月10日
BACKNUMBER

編集部員の、ちょっとひとこと

  • 柏井万作(CINRA.NET編集長)
    柏井万作(CINRA.NET編集長)

    今年も『NEWTOWN』開催します!

    蝉の音も遠のいてきて、夏の終わりを感じるこの頃ですね。CINRA.NETの秋といえば、去年開催した文化祭『NEWTOWN』を、今年も多摩ニュータウンの旧小学校にて開催します! 文化祭ということで、音楽ライブ、美術展、映画上映、演劇&ダンス公演、落語、ポエトリーリーディング、のど自慢大会、トークショー、盆踊り、ワークショップ、子どもの遊び場などなど盛りだくさんの内容に。カルチャーマーケットやフードカートも前回以上に充実する予定なので、詳細の発表を楽しみにお待ちください。日程は11月の10日、11日の土日ですので、カレンダーに記入お願いします!

  • 宮原朋之(CINRA.NET編集部)
    宮原朋之(CINRA.NET編集部)

    ラディカル度合いにウズウズする

    前々から観ておかないと、と思っていた『ゴードン・マッタ=クラーク展』。弊社、木村さんのゲキ推しに背中を押され、ようやく足を運ぶことができました。内容は兎にも角にも至極ラディカル。断片的にしか知らなかったアーティストの思考と実践が数珠のように現代のあれやこれやと繋がり、建築、ストリートカルチャー、食と立体的に浮かび上がる回顧展の醍醐味を満喫。その旺盛な活動に終始背筋が伸びる思いでした。展示構成も建築資材の使い方が痛快で、思わず「これどこかで真似したい」という発作的な思いにかられつつ現実と当時を行ったり来たり……。美術館から出ると街の景色が少し変わって見える久々な体験。まだ日曜の昼下がり、ほかにも立ち寄る予定だったところを、この余韻を引き伸ばして早々に切り上げることに。とりあえず未見の方は行かれることをおすすめします。

  • 川浦慧(CINRA.NET編集部)
    川浦慧(CINRA.NET編集部)

    すべての地方ボーイズ&ガールズに贈る

    東京に住むことに多少の憧れをもって上京し、もう10年くらいが経ってしまった! 上京せずに地元にとどまった友達は、私の仕事や生活の仕方を未だに「憧れの東京」のイメージで見てくれて、そのギャップはきっと東京に暮らさないと分かち合えないものだなーと、いい意味でもそうでない意味でも思っていました。こういう些細なギャップを、山内マリコさんは『ここは退屈迎えに来て』で物語として提示してくれて、すべての地方ボーイズ&ガールズから圧倒的な共感を生んだわけですが、これがいよいよ映画化される。キャストもさることながら、劇中歌はフジファブリックの『茜色の夕日』と、映画館を出た後どんな気持ちになっちゃうのか怖い。いま観る意味がすごくある作品だと思います。

  • 石澤萌(CINRA.NET編集部)
    石澤萌(CINRA.NET編集部)

    夏の終わりは『BAYCAMP2018』で

    先週土曜日は『BAYCAMP2018』へ。川崎駅から30分ほどバスに揺られたどり着いた会場で、とりあえずビールを買って、吉澤嘉代子からスタート。青空の下でとても気持ち良さそうに歌う様子を見て「ああ、これがフェスの醍醐味だよな」なんて思いました。そのあとはZAZENBOYS、OGRE YOU ASSHOLE、フレンズ、MONO NO AWARE、ドミコなどなどオールナイトで聴きまくり。音楽って浴びれば浴びるほど気持ちが高まっていきますね。個人的ベストアクトは『フジロック』でも話題になった小袋成彬! あの歌唱力には脱帽……いま、めちゃくちゃワンマンに行きたいです。体力的にはちょっとしんどかったけれど、最高の形で夏を締めくくることができました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 1

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  2. スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も 2

    スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も

  3. chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた 3

    chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた

  4. 松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送 4

    松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送

  5. 『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花 5

    『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花

  6. 松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演 6

    松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演

  7. 米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も 7

    米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も

  8. 『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送 8

    『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送

  9. 池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日 9

    池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日

  10. BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影 10

    BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影