スティーヴ・アオキ

マイアミ生まれカリフォルニア育ちの世界TOP DJ/プロデューサー。ハードコアパンク、ヒップホップ、ポップから、最新のエレクトロサウンドを自在にミックスし、”Cake Me”とかかげたファンにむけて特大ケーキを投げるという独自のDJスタイルは中毒性が高く、毎回彼の公演は入場制限になるほどの絶大な人気を誇り、一般ユーザーからの投票によってトップDJを決める「America's Best DJ 2015」でNo.1を獲得。2018年10月には国立アメリカ歴史博物館のアートやエンターテインメントをテーマにした展示コーナー<Ray Dolby Gateway to Culture>にて、スティーヴが実際に使用したDJミキサーやCDJなどの機材が展示 - 国立アメリカ歴史博物館にダンス・ミュージックのアーティスト/DJの展示品が設置されるのはスティーヴが初であり、TOP DJとして新たな偉業を成し遂げた。そんな彼が同月にリリースしたシングル「ウェイスト・イット・オン・ミー feat. BTS」は、計46ヵ国のiTunes総合チャートで1位を獲得し、米ビルボード・チャート<HOT 100>にもランク・イン。また、ここ日本でもiTunesダンス・チャートで1位、LINE MUSICチャートでは最高2位を獲得するなど、国内外で大ヒットを記録。同年12月には最新アルバム『ネオン・フューチャー Part.3』を引っ提げ東京/大阪でライヴ・パフォーマンスを披露。数々の大型ダンス・フェスティバルを含め1年365日中300日以上がツアーという過密スケジュールを精力的にこなしながらも、リンキン・パーク、フォール・アウト・ボーイ、アフロジャック、BTS、ブリンク 182、ニッキー・ロメロ、ルイ・トムリンソンといった様々な豪華アーティストとのコラボ楽曲をリリースし続け、レーベル兼アパレル<DIM MAK>を主宰し、ストリート・カルチャーと密接にリンクしながら、才能あるアーティストやファッション・アイテムを世に送り出すなど、常に進化を遂げながらシーンの第一線で多岐にわたる活躍を続けている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施